子どもが好きな女性に向いている仕事をするための資格・検定試験一覧

資格一覧へ戻る資格・検定のランキング一覧 > 子どもが好きな人にピッタリのこどもと関わる仕事と資格ランキング

子どもと関わる仕事がしたい女性に天職の仕事ランキング!

こどもと関わる仕事をするのにのおすすめ資格・検定ランキング

こどもが大好きで、何か子どもと関わる仕事をやりたいと考えているけど、「どんな仕事があるのか?」「どんな資格を持っていると役立つのか?」など具体的な事は分からないという人は多いです。

子どもは親から命をもらってこの世に生まれてきます。全員が生まれてきてよかったと思えるような人生にしたいと願っています。

しかし、現実は本当に厳しく、誰もが同じように命を輝かせることができる環境や条件が与えられている訳ではありません。

生まれつきの難病。親の離婚。いじめなど。様々な問題が原因で、人を恨み、自分を卑下し自暴自棄になることも少なくなく、生きていること自体が辛くなる事もあります。

子供に関わる仕事というのは、子供の命に触れる仕事とも言えます。子供たちの心の底から噴出するエネルギーに触れて、元気になり、時には傷つき、でもこの仕事をしていてよかったとやりがいを感じることが多いのが最大の魅力です。

日々の仕事の中で、子供の悩みと向き合い、寄り添っていくことで、子供たちから生きることの深さと喜び・悲しみを教えられ感動を与えられる。

子供相手の仕事は、難しくて大変だけれども、これほどありがたくやりがいのある仕事は他に無いと、子どもに関わる仕事をしている多くの人が言います。

子供と関わる仕事というのは、子供たちと関わることを自分の人生の生活の手段とするのではなく、子どもたちの喜びや幸せの実現を自分自身の仕事の目的とやりがいにすることであり、高尚でやりがいのある仕事です。

世の中には子どもと何らかの形で関わる仕事はたくさんあります。でも、どうせやるならやりがいがあって、長く安定して続けられる仕事を選びたいですよね。

そこで、今回は子どもと関わるたくさんの仕事の中から手に職を付けて一生続けられるやりがいのある素敵な仕事を紹介します。また、持っていなければならない資格や持っていると役立つ資格のランキングも発表します。

1位:チャイルドマインダー

チャイルドマインダーのイメージ画像

チャイルドマインダーは子どもを愛する人にとっては天職のような仕事です。

子どもに関わる仕事として多くの人の頭に浮かぶのは「保育士」の仕事かもしれません。確かに子どもと関わる仕事の代表的な仕事である事は間違いありません。

しかし、私はチャイルドマインダーの資格を1位に推薦しました。

その理由は保育士は資格を取るために国家試験に合格しなければならないのですが、その試験を受けるためには大学を卒業している必要があったりと、何かと制限が多く、多くの人にとってハードルが高すぎるからです。

その点、チャイルドマインダーの資格は学歴などに関係なく、子どもを愛する心とやる気さえあれば誰でも挑戦する事ができます

また保育士の資格は日本国内では価値が高い国家資格となっていますが、海外では全く通用しません。むしろ海外で世界的に評価されているのはチャイルドマインダーなのです。

働き方も保育士の場合は、ほとんどが保育所や公的な福祉施設となるのに対して、チャイルドマインダーはリゾートホテルに併設されている託児所や幼児教室など幅広く、働き方の自由度が高いのも特徴です。

チャイルドマインダーについてはこちらの「子どもと関わる仕事/チャイルドマインダーの資格。嵐も取って人気急騰中!」という特集記事で書いています。

チャイルドマインダーの資格が取れるおすすめの資格スクール!

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、チャイルドマインダー発祥の地であるイギリスの政府が国家職業基準資格として認定しているBTEC認定スクールですので世界で通用するスキルと資格を手に入れる事ができます。

また人材会社を傘下に持ち就職や転職のサポートまで受けられるのも大手のグループ会社ならではの強みです。

無料の資料請求はこちら

2位:保育士

保育士のイメージ画像

保育士は日本で子どもに関わる仕事をするのに超役立つ国家資格。

保育士の資格は、日本で子どもと関わる仕事をするのに最も役立つ資格の1つです。

法律で名称独占資格と定められている国家資格で、保育士の資格を持っている人だけが「保育士」と名乗る事ができます。

認可保育所や障害児の成長を助ける福祉施設などで働く事が中心となります。

未就学の児童が通う施設には、幼稚園と保育園があリますが、厚生労働省の管轄で、児童福祉法に基づく保育士資格者が勤務するものが保育園となります。

地域や雇用形態によっても異なりますが、保育士の平均給料(月額給与)は約20万円くらいとなっています。

保育士という肩書きを使わずに保育補助という肩書きを使えば保育士の資格がなくても同じような仕事はできるのですが、保育士の資格を持っていると就職・転職で有利になりますし、正規雇用で給料も高く設定されている事が多いです。

ただし、さきほどのチャイルドマインダーの部分でも説明したように保育士の資格を取るためには短大や大学で保育や福祉に関する単位を取って卒業するか、国家試験に合格するという高いハードルがあります。

大学や短大を卒業していて、在学中に必要な単位を取っていて、保育士試験の受験資格がある人の場合は、当然保育士の資格を取ることをおすすめするのですが、受験資格がない場合には受験資格を得るだけで時間もお金もかかり大変です。

「資格を持っていれば将来何かの役に立つ」というようなあいまいな理由では、現実問題として勉強を続けるのは難しいでしょう。

保育士の日常の仕事の中には、子どもたちと出会うおもしろさ、人が成長していくのを目の当たりにできる感動があります。

自分が子供達に教えるだけではなく、子どもたちから自分が学ぶこともたくさんあり、出会った子どもの数だけ学びの機会があります。

保育の現場で、子どもの成長を助け、子供と親を支える役割を持つ保育者に、日本の未来はかかっていると言っても過言ではありません。

「保育士になってこういう仕事がしたい!」というはっきりとした明確な目的がある人にとっては、保育士は子どもと関わる理想的な仕事です。

保育士試験のおすすめスクール

ユーキャン資料請求

ユーキャン

テレビのCMや雑誌でよく見ると思いますが、資格取得のための通信教育で実績があります。通信教育ですので、学校やスクールに通う時間の無い人にお勧めです。

無料資料請求はこちら

参照:保育士

3位:幼稚園教諭普通免許状

幼稚園の先生のイメージ画像

幼稚園の先生の良し悪しで子供の将来が決まると言っても過言ではない。

幼稚園教諭普通免許状というのは、いわゆる幼稚園の先生として仕事をするために必要な資格です。

子どもが幼稚園で過ごす時間というのはその後の人格形成にとって極めて重要であり、幼稚園の先生の役割というのは人の人生を大きく変えるくらい大きな責任を伴います。

子供と毎日全力でぶつかって教育をする仕事なので、子どもが好きな人にとっては大変やりがいのある充実した仕事です。

幼稚園の時の先生を大人になっても忘れる事ができないという人もたくさんおり、大人になってからも付き合いがあるという事も時々あります。

とても責任の重い仕事なので、教育者としてはもちろん、人間としての人格も優れている人でなければ務まらない仕事です。

幼稚園教諭普通免許状を取得するためには大学の教職課程を卒業する必要がありますが、そうでない人の場合でも大学や短大を卒業している場合には、必要な単位だけを習得して資格を取得する事ができます。その場合普通より短い時間で免許を取得する事ができますのであきらめる必要はありません

また、保育士として3年以上の正規職員として職務経験がある場合なども免許の取得が可能です。

詳しくは幼稚園教諭普通免許状のページをご覧下さい。

4位:作業療法士

作業療法士のイメージ画像

子供の成長を日々感じられるのは何にも変えがたいやりがいがある。

作業療法士は非常に幅広い仕事をするのですが、簡単に説明すると身体に障害があって、体が不自由な人などのリハビリをお手伝いをする仕事です。

日本はこれからますます高齢化社会になっていき、高齢者の数が増えていきますので作業療法士の役割はまだまだ増えていきます。

それだけではなくて、最近は子供の発達障害(ADHD、LD、アスペルガー症候群など)が増えており、それを改善するための療育の1つとして感覚統合を鍛えるというのが効果的で非常に注目されています

様々な運動や遊びを通じて子供の体の感覚や運動能力を高める指導を行うのですが、それを作業療法士が担います。

療育はできるだけ早くから始める方が効果が高いという事がわかってきており、小さな子供から感覚統合の訓練をする医療機関が増えてきています。

うまく体を動かす事ができなかったり、集中する事ができなかったり、発達障害で困っている子供が日々成長していく姿を見るのは本当にやりがいのある仕事です。

言うことを聞かなかったり、やる気の無い子供もいたりと、仕事内容は心身ともに大変ですが、子供が成長した時には子供だけでなく両親からも感謝される素晴らしい仕事です。

子供の事が本当に好きで、人に寄り添い成長していく姿を見るのが好きという人には最高の仕事となるでしょう。

作業療法士の仕事をするには国家資格が必要です。作業療法士の国家資格について詳しくは作業療法士のページをご覧下さい。

5位:スクールカウンセラー(臨床心理士)

スクールカウンセラーのイメージ画像

問題のある子どもには必ず心の問題が隠れている。

スクールカウンセラー(SC)は、小学校や中学校などの教育機関で、子供達の心理相談業務に従事する心理職の専門家です。

子どもたちやその両親と話をしたり、先生と相談したりして、子ども達の学校生活が豊かになるようにサポートするのが主な仕事です。

特に不登校児の心のケアをしサポートするなどの仕事が多く、子どもと真正面からぶつかり、共に悩み、考え、寄りそっていく非常にやりがいのある仕事です。

問題のある子ども達には必ず何かしらの心の問題があります。

それを心理学の専門家として、癒しサポートし、自分の力で立ち直る力を身につけていくのを見るのは、かけがえのないことです。

スクールカウンセラーになるためには、臨床心理士、精神科医、大学教員のいずれかの資格が必要となります。

これからスクールカウンセラーを目指すという人の場合、現実的なのは臨床心理士の資格を取得することです。

臨床心理士の資格を取るためには、大学院に行く必要がありますが、通信講座で大学院を卒業できる学校もあるため、頑張れば今からで十分に取得できます。

臨床心理士の資格は心理系の資格の中でも最高峰に位置付けられるような資格ですので、取得すればスクールカウンセラーに限らず、様々な場面で活躍することができます。

人の心に寄り添いたい、子供の傷ついた心を癒したり、子どもに寄りそってサポートしたいという人には、臨床心理士、スクールカウンセラーはおすすめです。

6位:助産師

助産師のイメージ画像

新しい命の誕生を請け負うやりがいのある仕事。

助産師は、妊娠から出産、さらに産後まで総合的に子どもを産む女性をサポートする助産行為の専門家です。かつては、産婆さんや助産婦と呼ばれていた専門職です。

新しい命が誕生する瞬間に立ち会う非常にやりがいのある仕事ですが、出産はいつ始まるか分からないため、勤務は不規則になりがちです。また、産婦人科医の不足のために、勤務時間が長くなる傾向があり、休日出勤も多い仕事です。

現在、助産師の人口は増加傾向にあり3万人を超えています。約90%は、病院、診療所、開業医院等に勤めており、残りの10%が自分で助産所を開業したり、市町村の赤ちゃん訪問(新生児訪問)や母親学級の指導等に関わっています。

平均給料(月額給与)は、地域によっても異なりますが、平均すると約27万円くらいとなっています。

新しい命がこの世に生まれる出産の瞬間というのは、本当に涙が出るほど感動的なものであり、人間の命の重みを感じるかけがえのない瞬間です。

その出産のお手伝いをするのが助産師であり、日本では保健師助産師看護師法を根拠とする国家資格です。

保健師助産師看護師法の30条により、助産行為を行う事ができるのは医師と助産師のみという業務独占資格になっています。

助産師は主に病院、診療所、保健所、家庭などで業務を行いますが、自ら助産所を設けて独立開業することもできます。

正常な経過の出産の助産行為は助産師が単独で行う事ができます。

また、助産だけではなく新生児の保健指導を行うことも主な業務の1つとなります。

新しい命が誕生する出産という場面は、何度体験しても感動的なものであり、助産師は子供が好きな人には人生をかけて取り組める最高の職業です。

ちなみに、日本では助産師になれるのは女性に限られています。

7位:学童クラブ指導員

学童クラブ指導員のイメージ画像

親に代わって子どもたちの放課後の生活の安全を守るのが学童クラブ。

学童クラブの指導員は、子どもたちの放課後の安全な居場所を作り、生活を守ることが主な仕事となります。

学童保育とは、共働きの家庭や母子・父子家庭など、親が子どもの放課後の面倒を見ることができない小学生の子どもたちが、指導員の保育の下で、遊んだり、宿題をしたり、おやつを食べたりしながら毎日の放課後や春・夏・冬休みなどの学校休業日の生活を守る施設です。

1997年6月に学童保育がはじめて法制化されることになり、翌年の1998年4月より児童福祉法と社会福祉事業法に位置づ<事業となりました。

それ以前は、多くの働く父母たちが、全国の各地域で運動を起こし、声を上げ続けながら行政に働きかけ、子どもたちが安心して生活をおくれる居場所を作ってきたという歴史的背景があります。

学童クラブは、今現在でも、運営形態は多様で、行政が行なっているもの、法人や父母が自分たちで行なうものなどが存在しています。また、地域によっても名称は様々であり、「学童クラブ」「留守家庭児童室(会)」「児童育成会」などと呼ばれています。

子どもたちは面倒なことばかりして、大人の手を煩わせるし、大人の思い通りにならなりませんが、それでも、子ども相手の仕事はやっぱり面白くやりがいがあります。

時には、大人に攻撃の矛先が向かってくることもあります。

しかし、子どもを信頼し、絶対に投げ出さずに、一人一人の子どもに向き合っていれば、必ずいつかは困難を乗り越えられます。

その他の子どもに関わる仕事と同じく、子どもが大好きで、本気で根気強く子どもと向き合える人に向いている仕事です。

8位:小児科医

小児科医のイメージ画像

子どもの命を救う使命を背負っているのが小児科医。

小児科医は、医者の中でも子どもたち(20歳を少し過ぎる頃まで)のための専門の医者です。小児科医になるためには、医師資格が必要となります。

赤ちゃんや小さい子どもを診察する乳幼児健診や予防注射をするなど、様々な仕事があります。

小児科医の仕事の中には、本気で接して治療しないと生命が危ないような重い病気の子どもたちの治療に携わることもあります。

人間はいつか死ぬものであり、老化で人が死んでいくのは仕方のないことだと諦められますが、まだ幼く小さな子どもが命を失うということは本当に悲しいことであり、絶対にあってはならないことです。

子どもの死はあまりにも不条理であり、子どもは死んではいけない人だと多くの人が思っているでしょう。

まだまだ生きたいと願っているのに命を失った子ども本人はもちろんのこと、大事な子どもを亡くして生きていかなければならないご両親や家族の思いに寄り添うことも重要な仕事です。

長い年月の中、厳しい競争の世界で人間が生き残る事ができた最大の要因は、人間は群れを作る事ができた事です。

群れを作り維持するためには、コミュニケーション能力の向上が必要不可欠です。

小児科医は、高いコミュニケーション能力が必要なのはもちろん、人を信じる力が必要であり、子どもたちに信用される大人にならないと務まらない職業です。

子どもたちに関わる仕事の大切さは、自分が人(子ども)に信用される人間にならなければならない事です。

中国の古いことわざに「小医は病を治し、中医は人を治し、大医は国を治す」というのがあります。

医師の仕事というのは、一人の病を治すことが、人を治すことにつながり、人を治すことが国を治すことにつながるすばらしい仕事です。

小児科医として子供に関わる仕事をすることは、親や周囲の大人とも関わる事であり、肉体的にも精神的にも大変ですが、自分は人の役に立っていると感じることができるやりがいのある素晴らしい仕事です。

自分が年をとっても、幼かった自分のことを思い出させてくれる子供たちに寄り添って生きて行ける小児科医の仕事は面白くて、素敵で、やりがいのある仕事です。

9位:小中学校の教師

小中学校教員のイメージ画像

子どもの教育に携わる仕事は、人間の成長を間近で見て感じる事ができるかけがえの無い仕事。

小学校や中学校の先生は、子供たちの心と体を成長させ、自分でやるという意欲を育てる教育の専門家です。

「教育」という漢字は、「教え育てる」と書きます。

ただ単に一方的に教えるだけでなく、一人でもできる自信と、みんなと力を合わせたからできたという経験をさせることで、自ら育つ手助けをする事も大事な仕事です。

小中学校の先生の仕事は、時に辛く、しんどい事もありますが、子どもたちの喜びに満ちた笑顔、若々しくはじめる体、友達とのぶつかり合いなどを見る事ができ、楽しく幸せを感じる事ができる仕事です。

決められた授業をするだけでなく、子どもたちの知的好奇心を刺激し、自ら意欲的に学習しようと思えるようなオリジナリティのある授業を考えて作る苦しみと喜びが教師の仕事の大きな魅力でしょう。

小学生や中学生の子どもたちというのは、友達とのトラブル、いじめ、家庭のトラブルや貧困、障害や病気など、多くの苦しみや悩みを抱えています。

学校の先生には、子どもたちのそうした重く深い心の内面に寄り添い、共に歩んでいくことが必要とされます。

小中学校の先生の仕事は、他の子どもに関わる仕事と同様に、大変難しいけれども、やりがいのある仕事です。

特に、教育という仕事は、子どもたちの将来に大きな影響を与える事のできる夢のある仕事です。

子どもに関わる仕事ができることは、本当に幸せだと多くの人が言います。

教えるだけが必ずしも教師の仕事ではありません。自らの力で、人生を切り拓いていこうとする子どもたちに寄り添い、励まし支え、それぞれの個性や強みを引き出してあげることが求められます。

子どもたちは、学校での学びの中で自らを変えていきます。どんな子供もみんな心の奥底では分かるようになりたい、できるようになりたいと願っています。

学ぶことの楽しさを子どもたちに気づいてもらうようにすることが大切です。

授業はもちろん学校の先生の大切な仕事の1つですが、それは教師としての仕事の一部に過ぎません。

子どもとの関わりは、毎日が同じことの繰り返しではありません。毎日が変化に富んでいて、刺激的で面白い仕事です。

自分の頭で考え、みんなと力を合わせて、この地球に住む人類の未来を担っていく、そんな将来のある人間の土台作りに関われる喜びが小中学校の先生の魅力でしょう。

10位:養護教諭

養護教諭のイメージ画像

養護教諭は、心に問題を抱えている子どもたちが癒しの場として求めてやってくる保健室の先生です。

養護教諭は、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などの学校内で養護をつかさどる教員のことです。

養教(ようきょう)と略されることがありますが、もっと分かりやすく言えば、いわゆる保健室の先生です。

養護教諭は、通常は保健室などに常駐し、一般の授業は行いません。主に学校内において、こどもたちのケガや病気の応急処置を行ったり、健康診断、健康観察、カウンセリング等を通して、在学生の心身の健康をケアする学校職員です。

事態が深刻である場合には、病院への搬送手続きや、保護者への連絡も行います。

平均給料(月額給与)は約30万円くらいとなっています。キャリアを積めば年収800万円以上となることもあり、一般に思われているより年収の高い職業と言えます。

ただ、養護教諭養成課程のある大学・短大は少ないために、養護教諭になるのは狭き門となっています。

一般的に女性の養護教諭が多いのですが、男性の養護教諭も少ないながら存在しています。

学校生活のいろんな場面で、泣いたり、笑ったり、怒ったりしながら、心身ともに大人に近づいていく子どもたちの変化や成長は、幼虫がサナギになり、ちょうそして蝶に変わるほどのドラマチックで感動的なもので、それをサポートする養護教諭は子供達にとっては心のよりどころとなる極めて重要な存在です。

また、日々そのような場面に立ち会っていると、反対に自分が子どもたちから「生きる」ことの素晴らしさを教えてもらっていると感じる人も多いようです。

保健室での子どもたちからの相談の大半は、友だちとの関係性やトラブルについてです。養護教諭には、人間関係のコミュニケーションについての幅広い専門的知識が求められます。

養護教諭は、病気や障害といった困難を抱え生きている子どもたちと過ごす機会も多くあります。

これまでの人生の中で、人から差別されたり、傷つけられた経験をしている場合もあり、心を通わせ、信頼関係をつくるのは大変でとても時間がかかります。

精神的にも肉体的にもタフさや忍耐力が求められる仕事ですが、子どもから信頼され、心を開いてくれた時の喜びは他の仕事では絶対に得られないものです。

養護教諭は、一人ひとりの子どもが、健康と命を大切にし幸せに生きていくための手助けをする素晴らしい仕事と言えます。

養護教諭は、子どもに関わる仕事としても収入面からしても、本来はもっとランキングは高くても良いのですが、養護教諭になるまでの難易度が高いために10位とさせていただきました。

11位:スクールソーシャルワーカー(SSW)

スクールソーシャルワーカーのイメージ画像

スクールソーシャルワーカーは、アメリカに起源を有する新しいアプローチで子どもの問題を解決する専門家。

スクールソーシャルワーカーは(SSW)、いじめ、不登校など学校での様々な困りごとへの対応方法として、その子どもだけではなく、家族や地域社会など、子どもを取り巻く環境に注目して問題解決を図る専門家です。

同じように子どもの様々な問題を解決する仕事として、スクールカウンセラー(SC)があります。

スクールカウンセラー(SC)は、問題のある子ども本人の心の問題に着目して解決を図るのに対して、スクールソーシャルワーカー(SSW)は、子ども本人の心の問題というよりも、その子どもを取り巻く環境に着目して問題の解決を図る点に違いがあります。

いじめ、不登校、暴力行為、自虐行為など、様々な困りごとへの対応方法を考える時に、その子どもの心理面だけに着目したのでは解決しないことが多々あります。

例えば、父子家庭や母子家庭で親が忙しく働いているために、子どものことにかまっていられないことがあったりします。

親に肉体的・精神的な障害があることが原因で子どもに負担がかかり、学校を休みがちになるということもあります。

いじめや暴力行為をする子どもが、家庭では反対に親から虐待を受けているということもあります。

このような問題の場合、その子供だけに働きかけをしたのでは根本的な解決をすることはできません。その子供を取り巻く環境に働きかけて改善していく必要があります。

このように子どもを取り巻く環境に働きかけて、子供の様々な問題を解決していくのがスクールソーシャルワーカーです。

スクールソーシャルワーカーとして働くためには、福祉制度についての幅広い一般的な知識、子どもや家族のメンタルヘルス(心理)に関する基礎的な理解が必要となります。

そのため、社会福祉士精神保健福祉士臨床心理士などの資格を持っていることを採用条件としている自治体が多いです。

勤務形態としては、非常勤として働く事が多く、地域によって異なりますが、平均的な給料は約30万円前後となっています。

また、学校で働くことになるので、学校教育についてのある程度の理解も必要となります。

ソーシャルワークの基本は、人間尊重であり、一人一人の人間の可能性に注目してそれを発揮できるようにすることを大切にします。

また、ソーシャルワークでは、問題をその子ども個人の責任や原因ととらえるのではなく、その子を取り巻く環境に問題があると考えます

問題を抱えている子どもたちと出会い、自分のソーシャルワークによって、その子どもたちが自ら立ち上がって再び前に進めるようになるを見るのは何度経験しても感動するものです。

環境的な問題や心の問題で困っている子どもたちを本気で救ってあげたいという使命感を持っている人には特におすすめの仕事です。

その他子供に関わる仕事・職業

その他、ランク付けはしませんが、他にも子どもに関わる仕事はたくさんありますの一覧にして紹介します。

  1. フリースクール運営(スタッフ)
  2. 家庭裁判所調査官
  3. 弁護士
  4. 看護師
  5. 言語聴覚士
  6. 幼児教室/各種習い事の先生(英会話、音楽、公文、スイミングスクール)
  7. 家庭教師
  8. 塾講師
  9. 産婦人科医
  10. ベビーシッター
  11. 子供服などの販売員
  12. テーマパークのスタッフ

一人一人の子どもとじっくりと関わる仕事や大勢の子どもを同時に相手にする仕事など、職業によっても子どもとの接し方は違います。

たくさんある子どもに関わる仕事・職業の中から自分の性格に合っていそうな物を探しましょう。

[人気の記事]

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る資格・検定のランキング一覧 > 子どもが好きな人にピッタリのこどもと関わる仕事と資格ランキング

女性に人気がある資格・検定ランキング 女性に人気の資格ランキング!

ページの上に戻る