助産師試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

助産師試験について

助産師試験とは、妊娠・出産に関する知識・能力を有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。

妊娠時の健康指導や出産時の介助、産後間もない母子の保健指導などを行うのが主な業務となります。

最近は自営の助産所は少なく、病院などの医療機関、保健所、母子健康センターなどに所属して活動している場合が多いのが現状です。

大変な仕事ですが、生命の誕生にかかわる仕事だけに、充実感・満足感は大きく非常にやりがいのある仕事だと思います。

助産師試験の概要

【助産師試験概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

看護師国家試験に合格した者、または看護師国家試験の受験資格を有する者で、以下の1〜3のいずれかに該当する者

1、文部科学大臣の指定した学校で、6カ月以上、助産に関する学科を修めた者(修業見込みの者を含む)

2、厚生労働大臣の指定した助産師養成所を卒業した者(卒業見込みの者を含む)

3、外国の助産師学校を卒業し、または外国で助産師免許を得た者で、厚生労働大臣が1、2に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認めた者

試験内容

出題形式は多肢選択式と記述式の2通りで出題されます。出題される科目は、以下の科目です。

試験科目

1、基礎助産学
2、助産診断・技術学
3、地域母子保健
4、助産管理

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

11月下旬〜12月中旬。

【申込方法】

受験願書とともに写真(出願前6カ月以内に撮影した縦6cm×横4cmのもの)、返信用封筒、受験資格を証明する書類など受験に必要な書類を取りそろえ、試験地を管轄する地方厚生局または地方厚生支局に提出する。

※写真の提出にあたっては、卒業もしくは在籍している指定学校、指定養成所、または地方厚生局・地方厚生支局において、受験者本人と相違ない旨の確認を受けることが必要です。

試験日

例年以下の期日に実施されています。

2月下旬 (詳細は官報に公示される)。

受験料

5,400円(収入印紙)

参照:厚生労働省資格試験案内

助産師試験についてのコメント

助産師試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

助産師試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

助産師試験おすすめのスクール

助産師試験に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

助産師試験おすすめのスクール!
ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

ケイコとマナブ

約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
無料の資料請求や体験レッスンはこちら

福祉資格の専門学校シカトル

シカトル

介護・医療・福祉系専門の資格情報サイトです。シカトルから福祉系の資格スクールを探すことができそのまま無料資料請求することができます。
資料請求はこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る