女性に人気の資格ランキング!資格キング

資格キングTOP資格・検定のランキング一覧 > 女性に人気の資格ランキング!

女性に人気のある資格を紹介!

著者文字実のプロフィール写真この記事は、文字実が執筆しました。

女性に人気のおすすめ資格ランキング

最終更新日:2020年12月18日

資格を取って、バリバリ働く女性が急増中!!主婦で時間のない人や出産後にもう一度しっかりと働こうと思っている人におすすめの資格ランキングを発表。

女性ならではの強みを活かせる資格はたくさんあります。不況の中で下がり続ける給料、ボーナスカット、リストラ、大変の世の中だけど、女性でも資格を取れば怖いものなんてない!

自分の興味のあるカテゴリーのランキングをチェックして、自分にぴったりの仕事と資格を探してみよう。

学生、OL、子育て中のママ、子どもの手が離れたママなど。家計を少しでも楽にしたいと思っている主婦、将来に備えて役に立つ資格を取っておきたいと考えている人、脱サラして起業を目指している人など。いろんな女性がいます。

今、雇用不安や収入減に対する自衛策として、資格取得を目指している人が増えています。

仕事、子育て、学業と両立しながら資格の勉強をするのは、なかなか大変ですよね。

だとしたら、せっかく苦労して取るのだから、本当に自分が好きで、かつ、役立つ資格を取りたいですよね。

そこで、この記事では、女性におすすめできる資格をできるだけたくさん網羅的に紹介します。人はそれぞれ個性がありますから、各自でその中から、自分にピッタリ合った資格を見つけてもらってステップアップ・キャリアアップしてもらおうという目的で書いています。

世の中には「資格なんて役に立たないよ。」という人がいます。

資格を持っていても即戦力にならないとか資格より実務経験が大事だと言う人がいます。

しかし、「たかが資格。されど資格。」です。

採用担当者が、迷っていて最後の判断を迫られた時、やっぱりものを言うのは資格なのです。

資格を持っていて損をするということはあり得ません。持っているか持って無いかで言えば、絶対に持っている方が有利なのです。

時間が過ぎるのは本当に早いです。

もし、あなたが資格を取ろうと考えているのであれば、資格を取るタイミングはできる限り早い方がいいです。

将来のことなんて誰にも分かりません。だからこそ、資格は取れるうちにとっておくのが大事です。

専業主婦やパートタイムで働く人、仕事や育児で手がいっぱいの人は、みんな「資格を取るための時間が無い」と言います。

でも、いざ時間ができて働こうとした時に、資格も何もなければ、再就職する時に就職活動は絶対にうまくいきません。

忙しいのはみんな同じです。人と差をつけるためには、忙しい日常の中で、少しでも時間を作ってコツコツと始めることが大事なのです。

今、この記事をここまで読んでいただいているということは、あなたは少しでもやる気があるはずです。

その気持ちを大事にして、ぜひ行動に移して、より良い人生を切り開いて行く事を願っています。

興味のある分野が決まっていない人は、ここから下の女性に人気の資格と仕事の総合ランキングを参考にして何かに挑戦してみよう。

1位:Webデザイナー/グラフィックデザイナー

Webデザイナー/グラフィックデザイナー

Webデザインやグラフィックデザインの需要は増えるばかり。性別や年齢に関係なく仕事ができる資格。

女性に人気のある資格の1位はWebデザイナー/グラフィックデザイナーです。Webデザイナーの仕事は、性別や年齢に関係なく、実力だけの世界ですので、しっかりとしたスキルを身につければ、いつまでも働くことができます。

女性ならではのデザインというものがあり、女性向けのWebサイトやサービスの制作現場では、女性のデザイナーが求められています。女性ならではの優しいデザインなどは男性にはマネのできないものです。

女性ということを強みに働くことができ、また、仕事自体も楽しいことから人気の資格になっています。Webサイトの制作や管理、デジタル画像の編集などは増々需要が増えているので、実力さえ身につければいくらでも仕事を見つけることができます

Webデザイナーやグラフィックデザイナーは、特に資格がなくても仕事はできるのですが、資格を取っておいて履歴書に書いておけば有利になるので、スキルを磨きながらできれば資格も取っておきましょう。

ヒューマンアカデミーは、ウェブデザイン、メイク、フラワー、ネイルなどデザイン系の講座が特に強く実績もあるスクールです。ウェブデザイナーの中でもデザインのスキルを主に身につけたいなら断然ヒューマンアカデミーがおすすめです。

↓↓↓無料の資料請求はこちらから↓↓↓

>> Webデザイナー検定の詳細はこちら!

2位:ネイリスト技能、JNAジェルネイル技能検定

ネイリスト技能検定

女性の美しさへの願望はいつの時代も変わりません。手に職付ければ一生できる仕事です。

ネイリスト技能検定という資格は、最近特に流行している資格で、1級から3級まであるのですが、1級の資格を取得すると、国際的に通用するレベルのネイリストとして認められます。

きれいなネイルは女性の憧れ!自分自身のネイルを飾ることはもちろん、お客様のネイルを飾り、喜んでもらえるやりがいのある仕事です。

女性はいつまでも美しくいたいもの。細かい爪の先まで美しく気を使っていることで、全体の美しさを保つことができます。

ヒューマンアカデミーは、ネイル、デザインなどの「美」に関する講座に強い資格スクールです。空いている時間に学校に通って仲間達と本気でネイルの勉強がしたい人にはヒューマンがおすすめです。

↓↓↓無料の資料請求はこちらから↓↓↓

【検定試験詳細】

3位:医療事務

医療事務

結婚後や出産後にも安定した仕事を見つけやすい。超高齢化社会に向けて需要はまだまだ増えていきます。

医療事務の資格を取ることで、医療機関に就職しやすくなります。診療報酬の請求などは専門的な知識が必要になるので、医療事務の資格を持っていることで即戦力となることをアピールできます。

また、資格手当がつくこともあり、一生ものの専門的なスキルを身につけることができます。

医療事務の資格を取得しておくと、結婚・出産後にひと段落した後、専門的スキルを活かしてまた働くことも可能です。

大きな病院などの医療事務は、派遣という形で雇われることが多いですが、資格を取っておくことで、正社員として採用されやすくなるというメリットもあります。

これからの超高齢化社会に向けて医療の現場ではまだまだ人手が足りていない状態です。医療費で国の財政は圧迫されていますが、まだまだ医療の需要は増えているのが現実です。ビジネス的に見てもまだまだ成長の見込める数少ない業界です。

ヒューマンは、医療事務資格取得のための講座だけではなく、グループ会社の人材派遣会社を活用した就職までのサポートが強みです。大手のグループ企業ならではの強みです。

↓↓↓無料の資料請求はこちらから↓↓↓

>> 診療報酬請求事務能力認定の詳細はこちら!

4位:ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、お金のお医者さんです。経済的に自由になることが幸せな生活に不可欠。

ファイナンシャルプランナーは、略してFPと呼ばれることもあるお金に関する専門家になるための資格です。ファイナンシャルプランナーには、国家資格と民間資格があります。

ただ基本的には同じ勉強で通用するので、並行して両方取得する方が多いです。日本ではFP技能士という国家資格の方が有名ですが、世界的には民間資格であるAFPやCFPなどの方が評価は高いです。

女性は、出産という生物学的な理由でどうしても経済力が男性に比べて弱いのが一般的です。しかし、女性も一人でたくましく生きている人が増えてきており、お金に関する知識を身につけておくことが増々必要とされる時代になってきています。

また、結婚して専業主婦になるにしても、住宅ローン、子どもの教育費など、お金に関する知識がないと経済的に苦労することもあります。

いずれにせよお金に関する知識を身につけておけば、自分自信や家族の役に立ちますし、その専門的知識を活かして独立開業、または銀行や保健会社などに就職することも可能です。

>> ファイナンシャルプランナーの詳細はこちら!

5位:行政書士

行政書士試験

行政書士は町の法律家として、身近な人を助けることができます。人に役立ち、感謝される仕事をしたい人は、ぜひ挑戦してみて下さい。

日本では、法律家として活躍している女性はまだまだ少ないですが、行政書士は女性が少しずつ増えてきています

町の法律家として依頼者に親身になって相談に乗り、一緒に問題を解決していく行政書士の仕事は非常にやりがいのある仕事です。

業務範囲も少しずつ拡大しており、独立開業して立派にやっている女性の行政書士もたくさんいます。相談内容によっては、女性だからこそ相談しやすいというものもあり、女性の法律家がまだまだ数が足りていない状況です。

行政書士と社労士などのダブルライセンスで活躍の場を広げていくこともできますし、司法書士などの難関資格への登竜門として挑戦することもできます。

簡単ではない資格ですが、努力を続けることができれば合格できる資格ですし、なによりやりがいのある仕事ですので、挑戦する価値がある資格です。

>> 行政書士の詳細はこちら!

6位:MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は、マイクロソフト社のソフトであるWord、Excel、PowerPointの利用スキルを証明できる資格です。

Windowsは国内の9割以上のシェアを有しており、Word、Excel、PowerPointはビジネスにおけるディファクトスタンダードと言えるソフトになっています。

どんな職種であれ、パソコンは必ず使いますし、ワード、エクセル、パワーポイントも必ず使います。

これらのOffice製品を使いこなせることは、ビジネスの現場でPCを使いこなせるということであり、MOSの資格を取得していることでPCの必要最低限のスキルを有していることを証明できます。

パソコンの利用に苦手意識を持っている人は、このMOS資格を取ることで苦手意識が無くなるでしょうし、履歴書に書くことでPCスキルを客観的に証明できるので就職の際に有利になります。

MOSの資格を取るならヒューマンアカデミーがおすすめ。資格取得後の就職サポートまであるのが大手グループ会社の強みです。

↓↓↓無料の資料請求はこちらから↓↓↓

>> MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の詳細はこちら!

7位:TOEIC

グローバル化が急速に進む現代では、もはや英語は特別なスキルではなく、できて当たり前というスキルになりつつあります。

ユニクロや楽天など、社内の英語公用化に踏み切る企業も出てきており、TOEICのハイスコアガ昇任するための条件になっている企業が増えてきています。

少子高齢化で市場が縮小していく日本だけでは、企業は成長することができないため、今後も海外へ活路を見出す企業はどんどん増えていくでしょう。

それに伴って英語の重要性は今後も高まるばかりです。

もはや苦手だからというのは言い訳にはならず、グローバルカンパニーだけではなく、地域密着のサービス業などでも海外のお客様を積極的に取り入れていくことになるため、業種を問わず英語力は必要になります。

TOEICは合否の判定がなされるわけではなく、スコアによってレベル分けされるので、自分の英語力のレベルに関わらず、誰もが挑戦できるようになっています。

できれば800点以上は目標にしたいところです。

今、英語の勉強をするなら断然オンライン英会話がおすすめです。通常のスクールとは比べ物にならないくらい安い金額で英語のマンツーマンレッスンが自宅で受けられます。

私もたくさんのオンライン英会話を利用しましたが、おすすめはhanasoです。

↓↓↓無料体験レッスンはこちらから↓↓↓

>> TOEICの詳細はこちら!

8位:秘書技能検定

秘書技能検定は、女性が就職する時に有利になると言われている資格で人気の資格です。

秘書技能検定では、文章は話し方の技能、スケジューリングやファイリングなどといった事務処理作業に加え、パソコンなどの情報機器の操作スキル、対人関係の処理などと言った、秘書の職務に必要なスキルを総合的に学ぶことができます。

秘書技能検定は、特に秘書を志望する人に人気の資格で就職の際にかなり有利に扱われることが多いです。

秘書に限らずOLなどを目指す人も持っていると役立つ資格です。

試験は1級、準1級、2級、3級の4段階に分かれているため、自分の能力に応じて少しずつステップアップしていけるのも良いところです。

一般知識、ビジネスマナー、接遇などについて身につけておきたい人はぜひ取得しておきたい資格です。

文部科学省認定の公的な資格なので資格としての価値も高いです。

>> 秘書技能検定の詳細はこちら!

9位:衛生管理者

衛生管理者は、今、企業が注目している職場衛生管理の専門家として認められる国家資格です。

労働安全衛生法により、常時50人以上の従業員を雇用している事業所では、衛生管理者を必ず1人以上置くことが義務付けられています。

しかし、現実には有資格者の数が不足していることもあって、設置していない企業がまだまだあります。

法律で設置が義務付けられている国家資格であるため、常に需要が存在し有資格者は就職で有利になります。

衛生管理者の試験は、第1種と第2種の2種類が存在しており、第1種は全業種を担当できるが、第2種は特定の業種に限られます。

衛生管理者の資格は、知名度こそ低いものの、法律上必ず必要な資格であり、また企業の発展に欠かすことのできない存在ですので、総務部・人事部などを中心に取得奨励資格に認定している企業も増えてきています。

今後も需要は必ず一定レベルありますので、持っておくと役立つ国家資格です。

>> 衛生管理者の詳細はこちら!

10位:動画クリエイター

10位は、資格ではありませんが、今の時代において絶対に外すことができない職業なのでランクインしました。

動画クリエイターは言うまでもなく、今、最も熱い職業です。

4Gの普及によって急激に動画市場が成長しました。YouTubeの急激な成長、動画広告の普及は目を見張るものがあり、その成長はまだまだ加速していくことが予想されます。

今後は5Gが普及してきますので、それに伴って、さらに大容量の動画コンテンツが当たり前のように普及します。

本気で頑張れば、3ヶ月くらいで動画制作のプロレベルに到達することができる職業であり、非常に人気が高まっている仕事です。

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングでも動画撮影・編集の案件は増加傾向にあり、スキルを活かしてリモートワークで自宅で仕事をすることもできます。

今後は動画広告の制作案件も増えてくることが予想されるため、まだまだ将来性のある仕事です。

ヒューマンアカデミーはWebデザインや動画クリエイターなど、クリエイティブな講座に強い大手スクールです。私もヒューマンアカデミーでWEbデザインを学びましたのでおすすめです。

↓↓↓無料の資料請求はこちらから↓↓↓

[人気の記事]

このページを見ている人はこんなページも見ています。

人手不足のWEB業界に経験無しからチャレンジ

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

人手不足でまだまだ需要のあるWEB業界に経験無しでもチャレンジできます。

資格キングTOP資格・検定のランキング一覧 > 女性に人気の資格ランキング!

女性に人気がある資格・検定ランキング 女性に人気の資格ランキング!

ページの上に戻る