年収アップと出世にこだわるなら専門職の資格を取ろう!

資格一覧へ戻る資格・検定のランキング一覧 > 法律・会計・ビジネスなど専門職でキャリアアップを目指す女性の資格ランキング

女性もキャリアウーマンを目指してバリバリ働ける資格

キャリアップ・年収アップがしたい女性の人気資格ランキングバナー

専業主婦なんてまっぴら!どうせ働くならバリバリ働いて出世して年収アップしてひたすらキャリアアップを目指してやるという女性も増えています。

そんな女性には法律、会計、ビジネスなど専門的なスキルを身につけられる資格をおすすめします。

少し難易度が高くなる資格が多いですが、それでも合格して資格を取得すれば一気に人生や周りの評価が変わるものもあります。

良くも悪くも日本という国はまだまだ学歴や資格などの肩書きが重視されている社会です。

大変なこともありますが一度きりの人生です。思いっきり頑張って上を目指しましょう!

1位:行政書士

行政書士のイメージ画像

行政書士は街の法律家として行政と国民の架け橋のような存在となり人の役に立つ仕事

1位は行政書士です。以前にカバチタレというテレビドラマが放映されて一躍有名になった資格です。

行政書士の仕事は非常に幅広いのですが、メインとなる業務は、行政に許認可の申請をするための書類の提出や代理申請、遺産分割協議書や各種契約書など権利義務に関する書類の作成・相談です。

以前は代書屋と言われ、書類の作成業務をメインとしていましたが、最近は業務範囲が拡大しており単なる代書屋ではなく街の法律家としての地位を得るに至っています。

独立開業することもできますし、やり方によっては高収入を得ることができる資格です。

その代わりに試験の難易度が年々上がっており、かなり難しい試験になっています。

ただ、司法試験のように高度な思考力が要求されるというよりも、どちらかというと基本的な理解と知識が要求される試験なので、法律に関する知識が全くない人でも、全く初心者の状態から初めて努力を続ければ必ず合格できる試験とも言えます。

業務の内容が弁護士のように誰かと争うということが少ないために女性の行政書士がたくさん活躍しています。

合格後は土地家屋調査士、社労士、税理士、司法書士、司法試験などとのダブルライセンスを目指す人も少なくありません。

法律に興味がある人ならぜひ取得を目指して欲しい国家資格です。

通学する時間が無い人には通信教育で学ぶことができる行政書士の通信講座がおすすめです。

>>行政書士試験の詳細を見る!

2位:司法書士

司法書士のイメージ画像

司法書士は登記に関するスペシャリスト。法律家として裁判所の法廷にも立つこともできます。

2位は司法書士です。先ほどの1位の行政書士試験よりもさらに試験の難易度は上がりますが、合格できれば大きくキャリアップできることは間違いありません。

司法書士のメインの業務は土地の売買がされた時や相続の時などに行う不動産登記や会社の設立などのの商業登記の代理・相談です。

しかし、今では簡易裁判所において140万円を超えない事件に関して訴訟を代理して行うことができる権利が認められ、その範囲に関しては弁護士と同等の仕事をすることができます

司法書士は幸福産業と言われる事があります。主な業務である登記業務に関しては争いが起こる事があまりないので女性にも人気のある資格となっています。

収入に関しても、平均年収は1,000万円を超えています。あくまで平均なので役に立たないデータと言う人もいますが、それでも1つの目安となる数字でしょう。

難関資格ですので、合格するまでは大変ですが、法律の世界で本気でキャリアップするという意気込みがある人にはおすすめです。

通学する時間が無い人には通信教育で学ぶことができる司法書士の通信講座がおすすめです。

>>司法書士試験の詳細を見る!

3位:中小企業診断士

中小企業診断士のイメージ画像

体系的な理論と実践の両方を身につけて本当の実力が付く。

3位は中小企業診断士です。

中小企業診断士はコンサルタントとして国内で唯一の国家資格です。

名前の通り中小企業のコンサルタントをできるようになるための知識などを学ぶ事ができ、中小企業の経営相談に応じるコンサルタントのプロになる事ができます。

しかし、中小企業診断士の資格を取ることの最大のメリットは、ビジネスにおいて必要な全般的なスキルを体系的に学ぶ事ができる事です。

ビジネスをする上で大切な事は、実践に基づく経験と体系的な知識です。

起業する人などは実践的な経験に偏りすぎている人が多いのですが、それにプラスして体系的なビジネスの正しい知識を身につければ、それを応用してさらに成長させる事ができます。

経営学、経済学、財務会計、営業などMBAで学ぶ事とほぼ同内容の事を学習しますので、合格できるほどの実力を身につければビジネスに必要な基本的な知識はほぼ網羅できます。

MBAは大企業の経営者や管理職になる事を目的にしており、中小企業診断士が比較的小さな会社を対象にしている点で異なりますが、ビジネスに必要な基本的な要素はそれほど大きく変わりません

中小企業診断士の資格を取ればコンサルタントとしてだけでなく、フレームワーク的な思考を使ってビジネスのあらゆる場面で役立ちます。

独立、自営、起業、社内での昇進などすべての人におすすめの資格です。

通学する時間が無い人には通信教育で学ぶことができる中小企業診断士の通信講座がおすすめです。

>>中小企業診断士の詳細を見る!

[人気の記事]

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る資格・検定のランキング一覧 > 法律・会計・ビジネスなど専門職でキャリアアップを目指す女性の資格ランキング

女性に人気がある資格・検定ランキング 女性に人気の資格ランキング!

ページの上に戻る