社会福祉士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

社会福祉士試験について

次回の試験日は《2018年1月28日 (予想)》です。残り305日です。

社会福祉士とは、福祉施設・福祉事務所・病院などの機関の相談室において、児童・障害者・高齢者など、身体上や精神上の障害があり、日常生活を営むのが困難な者の福祉に関する相談に応じたり、助言・指導などを行うのが主たる業務であり、非常に現代においては重要な役割を担う資格です。

福祉の業界では、社会福祉士、精神保健福祉士介護福祉士の3つが三大資格とされており、総称して三福祉士と呼ばれています。

また、2000年よりスタートした介護保険制度の担い手としても期待されている、将来性のある資格です。

これからの高齢化社会において、極めて重要な役割となってきますので、将来性のある、すばらしい資格です。

業務内容は法第2条の定義によると、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者とされています。 

要するに、社会福祉に関する相談援助業務のスペシャリストです。名称独占資格となっており、社会福祉士の登録を受けた者以外は社会福祉士と名乗ってはいけないことになっていますので、資格を取得することに価値は高いということができます。

全国の社会福祉士の専門学校を検索

社会福祉士試験の概要

【社会福祉士試験概要】

受験資格

(1)4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
詳しくは、下図参照

(2)2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者

(3)社会福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した者

(4)社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した者

(5)児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者

試験科目

社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、心理学、社会学、法学、医学一般、老人福祉論、障害者福祉論、児童福祉論、社会福祉援助技術及び介護概論

申込み期間

例年9月6日〜10月5日くらい。

試験日

例年1月の下旬に実施されています。

試験地

以下全国24カ所の試験地で実施されています。

北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

合格発表日

例年3月中旬に合格発表があります。

受験料

受験料は以下のようになっています。

  • 社会福祉士のみ受験:7,540円
  • 社会福祉士と精神保健福祉士を同時に受験:17,510円(社会福祉士6,830円+精神保健福祉士10,680円)
  • 社会福祉士の共通科目免除により受験する場合:6,360円
問合せ先

公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号
SEMPOS(センポス)ビル
TEL:03-3486-7559

受験資格の大学等で「指定科目」を履修した者に関する詳細

学歴 実務経験
大学卒業

指定科目を履修していること。

  • 社会福祉言論
  • 老人福祉論
  • 障害者福祉論
  • 児童福祉論など
不要
大学院への飛び入学 不要
4年制専修学校卒業
(修業年限4年以上の専門課程)
不要
3年制短期大学等卒業 実務経験1年以上
2年制短期大学等卒業 実務経験2年以上

参照:公益財団法人社会福祉振興試験センター

社会福祉士試験おすすめのスクール

社会福祉士試験に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

社会福祉士試験おすすめのスクール!
ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

ケイコとマナブ

約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
無料の資料請求や体験レッスンはこちら

福祉資格の専門学校シカトル

シカトル

介護・医療・福祉系専門の資格情報サイトです。シカトルから福祉系の資格スクールを探すことができそのまま無料資料請求することができます。
資料請求はこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

社会福祉士試験おすすめのテキスト・問題集

社会福祉士試験に合格するために役に立つおすすめのテキストや問題集を紹介しています。

  1. 見て覚える! 社会福祉士国試ナビ
  2. 社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック
  3. 社会福祉士国家試験過去問解説集

社会福祉士試験についてのコメント

社会福祉士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

社会福祉士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

1件

HN(ハンドルネーム):ケイ | 2017年3月28日1:32:38

私は、35歳男性です。老人ホームでのキャリアアップのために社会福祉士の資格を去年取得しました。社会福祉士を受験しようと思ったのは現在の職場でキャリアを積みたいと考えたからです。施設長からも相談員という職種になるように勧められていました。社会福祉士は相談援助の資格なのです。私は、通信教育の専門学校にて社会福祉士の学校に行きました。行くといっても学校には、月に1度か2度通っただけです。現在就労している会社が実習の免除の要件になったので、実習教育にはいきませんでした。社会福祉士の受験はかなり範囲が広く通常の業務では学ぶことが出来ない事が多かったです。試験範囲が広いので、問題集だけを解いてもすべてが解るわけではなかったので、教科書を読んでも、教科書の範囲が広いので、すべてを網羅できなかったのです。社会福祉士の資格はピンポイントで勉強するのがおすすめです。問題集を行い、自分がわからない所を参考書にて勉強してください。わからない所だけではなく、わからない所のまわりのすべて読んで理解できるようにしてください。理由は似たような問題が多く出題される傾向にあるからです。過去問題を行う事もかなり役に立ちます。過去問題から試験に慣れていくことも合格への近道になります。範囲が広い試験の場合は間違えてはいけない問題を落とさずにすることが大切になると思います。私は、仕事をしながらの受験だったので、仕事が終わった後にマクドナルドなどに行き勉強をしました。私は受験勉強に3ヶ月かけました。その間は仕事が終わった後はマクドナルドに直行しました。仕事が終わってから毎日2時間勉強をしました。その結果、資格を取得して私は晴れて相談員として就労をすることになりました。私は資格手当を手にしたのです。一ヶ月2万円の手当はとてもありがたかったです。資格を取得したことで自分に自信がつきました。これから社会福祉士として利用者さんの頼りになる相談員として仕事をしていきたいと思います。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る