言語聴覚士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

言語聴覚士試験について

言語聴覚士試験とは、音声・言語機能などを回復するための知識・能力を有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。

厚生労働大臣免許の国家資格である言語聴覚士は、音声・言語機能や聴覚に障害をもつ人たちに対して、機能回復へ導くことが主な業務です。

言語聴覚士は、機能の維持向上を図るために、言語訓練をはじめとするさまざまな訓練、これに必要な検査や助言、指導・援助を行っています。

精神的に大変なこともありますが、とてもやりがいのある仕事です。

言語聴覚士試験の概要

【言語聴覚士試験概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

1、大学に入学できる者またはそれに準ずる者で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した言語聴覚士養成所において3年以上言語聴覚士として必要な知識および技能を修得した者。

2、大学、高専、文教研修施設もしくは養成所において2年(高専は5年)以上修業し、厚生労働大臣の指定する科目を修めた者で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した言語聴覚士養成所において、1年以上言語聴覚士として必要な知識および技能を修得した者。

3、外国で言語聴覚士免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が上記の1、2と同等以上の知識および技能を有すると認定した者など。

試験内容

筆記試験によって実施されています。

試験科目

以下の科目についての出題がされます。

1、基礎医学
2、臨床医学
3、臨床歯科医学
4、音声・言語・聴覚医学
5、心理学
6、音声・言語学
7、社会福祉・教育
8、言語聴覚障害学総論
9、失語・高次脳機能障害学
10、言語発達障害学
11、発声発語・嚥下障害学
12、聴覚障害学

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

12月上旬〜中旬。

試験日

例年以下の期日に実施されています。

2月下旬。

受験料

35,700円

参照:日本言語聴覚士

言語聴覚士試験についてのコメント

言語聴覚士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

言語聴覚士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

言語聴覚士試験おすすめのスクール

言語聴覚士試験に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

言語聴覚士試験おすすめのスクール!
ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

ケイコとマナブ

約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
無料の資料請求や体験レッスンはこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る