保育士採用試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

保育士試験について

次回の試験日は《2017年4月22日 (予想)》です。残り58日です。

保育士試験のイメージ画像

保育士試験は受験資格さえあれば誰でも合格できれば保育士資格が取れる国家試験です。

このページでは指定保育士養成施設を卒業していない人が保育士の資格を取るための保育士採用試験について説明しています。保育士の資格についてはこちらのページをご覧下さい。

保育士の資格を取得するためには2つの方法があります。

1つは指定保育士養成施設で所定の課程・科目を履修して卒業し、実習を経て保育士資格を取得する方法です。

そしてもう1つがこのページで解説している保育士試験に合格する方法です。

保育士試験を受験するためには大学や短大を卒業しているなどの受験資格が必要ですが、それさえクリアすれば、頑張って試験に合格する事で保育士の資格を取得する事ができます。

専門の保育士養成学校などを出ていなくても、普通の短大や大学を卒業している人であれば、誰にでもチャンスがあります

最初から保育士になるつもりで保育士養成学校に入学した人はいいのですが、そうではなく当初は保育士になる予定はなくて通常の短大や大学を卒業して、その後に保育士に興味を持ち始めたという人におすすめのルートです。

社会に出て働き始めて社会経験を積み、その中で福祉、教育など仕事、子どもに関わる仕事などに興味を持ち進路変更したという人はたくさんいます。

保育士試験の概要

【保育士試験概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

短期大学または大学に2年以上在学し、必要以上の単位を取得している事が必要です。

また見込みの段階でも受験する事は可能です。ただその場合には合格しても仮の状態であり、後日卒業や単位取得して始めて合格が有効になります。

試験内容

多肢選択式のマークシート方式の試験と筆記試験と実技試験によって実施されています。

科目別の合格制が採用されており、一度合格した科目については翌々年までの3年間有効となり、次の試験では受験する必要が無くなります。

試験科目

以下の範囲から出題されます。

【筆記試験】

  • 社会福祉
  • 児童家庭福祉
  • 保育の心理学
  • 子どもの保健
  • 子どもの食と栄養
  • 保育原理
  • 教育原理
  • 社会的養護
  • 保育実習理論

【実技試験】

以下の3分野から2分野を選択します。

  • 音楽表現に関する技術
  • 造形表現に関する技術
  • 言語表現に関する技術
免除項目

幼稚園教諭免許状を有する者は実技試験が免除されます。

合格基準

筆記試験、実技試験ともにそれぞれ6割以上の得点で合格となります。

試験日

例年以下の時期に実施されています。

筆記試験:8月上旬

実技試験:10月中旬

試験地

全国で実施されています。

受験料

12,905円(受験手数料12,700円+郵送料205円)

問合せ先

一般社団法人 全国保育士養成協議会
〒171-8536
東京都豊島区高田3-19-10
TEL:03-3590-5551
FAX:03-3590-5591
E-mail:soumu@hoyokyo.or.jp

参照:社団法人全国保育士養成協議会

保育士試験おすすめのスクール

保育士試験に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

保育士採用試験おすすめのスクール!
福祉資格の専門学校シカトル

シカトル

介護・医療・福祉系専門の資格情報サイトです。シカトルから福祉系の資格スクールを探すことができそのまま無料資料請求することができます。
資料請求はこちら

ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

ケイコとマナブ

約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
無料の資料請求や体験レッスンはこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

保育士試験おすすめのテキスト・問題集

保育士試験に合格するために役に立つおすすめのテキストや問題集を紹介しています。

  1. 保育士試験完全予想模試
  2. U-CANの保育士 総仕上げ予想問題集
  3. U-CANの保育士 総仕上げ予想問題集

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る