IT技術者はこれからさらに必要とされる人材

システムエンジニア(SE)ってどんな仕事?

将来性(1-5点):

平均年収:600万円

システムエンジニアという仕事は、ITの知識やノウハウを活かして、業務用のシステムを設計・納入・運営の支援を行う仕事になります。

ITというと、コンピューター関係のハード的なシステムや設備だけでなく、ソフトも含めた広範囲のシステムを指しています。

また、システムにはネットワーク関連の知識も必要になってきます。

各企業や官公庁などの団体では、業務の効率化や迅速な意思決定を図るたけには、膨大な情報の中から自分の必要な情報を収集し分析して、判断材料とする必要があります。

最近では、ビックデータと呼ばれるありとあらゆるジャンルの情報を最大限に活用して、経営判断の指標としたり、新たなビジネスモデルのベースとなるデータを抽出して活用することが求められています。

その時に必要になるのが、情報システムなのです。

これらの情報シシテムの設備を構築するには、システムエンジニアの存在が必要不可欠です。

システムエンジニアの年収は、業種・業態によっても大きく異なってきますが、平均的なれべるだと、600万円〜800万円といったところになると思われます。

何れにしても、高い専門性を求められる職種なので、常に最新技術動向を勉強し続けていく必要があります。

システムエンジニア(SE)はどうすればなれるの?

エンジニアになるためには、先述の通り、ITスキル、知識、そして経験が必要になってきます。

学生時代の専攻としては、情報技術系、ネットワーク系の学科を専攻して学んでいることが望ましいのですが、文系の学生が就職して、システムエンジニアに「なるケースも少なくありません。

1つの業務系アプリを制作するプログラマーなどは、専門課程でプログラミング技術を学んでいることが必要になってきますが、ネットワーク系等のエンジニアでは、就職後の専門研修、あるいは通信教育による勉強でも、必要なITスキルを習得することは可能です。

しかし、シシテムエンジニアに求められる要件は非常に幅広いために、1人で広範囲の知識を持つことは、現実的には困難であることも事実です。

したがって、大規模なシステムを設計するためには、個々のスキルを持ち合わせて、プロジェクト的なスタイルで事業を進めることが多くなってきます。

システムエンジニアを目指すには、幅広くても基礎的な知識をマスターしながら、その中で、自分の得意とする分野のITスキルを深めていくことがいいでしょう。

併せて、実践的な経験を積んでいくことも、収集なエンジニアになる具体的な方法です。

他のエンジニアとの連携、営業やクライアントとのコミュニケーション能力などは、実践で体験してノウハウを蓄積していくしかないからです。

システムエンジニア(SE)についてのコメント

システムエンジニア(SE)の職業について詳しい人、仕事の経験がある人からの経験談等を募集しています。

システムエンジニア(SE)に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

システムエンジニア(SE)おすすめのスクール

システムエンジニア(SE)に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

システムエンジニアを目指すおすすめのスクール!

KENスクール

KENスクールは、ITに特化したスクールでWEB、プログラム、ネットワークに関する講座が充実しています。

IT専門のスクールが少ない中でシステムエンジニアとして働くための基本的なスキルを学ぶことができるおすすめのスクールです。

無料資料請求はこちら!

システムエンジニア(SE)おすすめのテキスト・問題集

システムエンジニア(SE)に合格するために役に立つおすすめのテキストや問題集を紹介しています。

  1. この1冊ですべてわかる SEの基本
  2. なれる!SE 2週間でわかる?SE入門
  3. システムエンジニア 最強の指南書

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る