LPI認定試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

LPI認定試験について

LPI認定試験とは、Linux時代をサポートする者になるための民間資格です。

Linux(リナックス)は、世界中のエンジニアがネットワークを通じて開発の協力をして、急速に進化し続けているオープンソースのOSです。

これから、Windws(ウインドウズ)の独占状態が徐々に崩れることが予想され、その対抗勢力と目されているのが、リナックスです。

そのリナックスを扱う技術者のレベルを3段階に分けて能力を試すための試験です。

LPI認定試験は、世界標準で作成されているため、合格するとどこの国でも高い評価を得ることができるので、就職や転職の際などにも有利になることでしょう。

〜各レベルについて〜

レベル1:リナックス・オープンソース技術者のスタンダードな認定試験

レベル2:1ランク上のLinuxエンジニアのための認定試験

レベル3:エンタープライズレベルのエンジニアのための認定試験

LPI認定試験の概要

【LPI認定試験概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

試験時間は90分で、マウスで選択する択一式の問題とキーボードで入力する記述式の問題が出題されます。

試験科目

Linux一般、インターネットサーバー、セキュリティ、暗号化などの出題がなされます。

申込み期間

随時受付されています。

試験日

随時実施されています。

受験料

15,750円

問合せ先

アール・プロメトリック社:マイクロソフト試験受付:0120(347)737

ピアソンVUE社:マイクロソフト試験受付:0120(355)583

〜LPIC試験の構成と概要〜

LPIC試験の構成と概要

参照:LPIーJAPAN

LPI認定試験についてのコメント

LPI認定試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

LPI認定試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る