オラクルマスター試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

オラクルマスター試験について

オラクルマスター試験試験は随時実施されています。いつでも受験可能です。

オラクルマスターとは、オラクル製品に関する高い能力を有することが客観的に証明することができる、民間資格です。

オラクル認定資格は、客観的に評価できる指標を提供します。オラクル認定資格は世界基準の認定資格で体系だった知識と経験を証明し、IT業界でのキャリアの取得機会を増やします。

現在では、全世界で390,000以上の認定資格者が活躍しています。

オラクルマスターは、以下の3つに分かれており、2科目の合格者には「Oracle Silver Fellow」の称号が与えられます。

データベース運用・管理者向けトラック → Silver Gold Platinum

アプリケーション開発向けトラック → Silver Gold

アプリケーションサーバー管理者向けトラック → Silverオラクルマスターとは、オラクル製品に関する高い能力を有することが客観的に証明することができる、民間資格です。

オラクルマスターは、以下の3つに分かれており、2科目の合格者には「Oracle Silver Fellow」の称号が与えられます。

オラクルマスターエンブレム

データベース運用・管理者向けトラック → Silver Gold Platinum

アプリケーション開発向けトラック → Silver Gold

アプリケーションサーバー管理者向けトラック → Silver

オラクルマスター試験の概要

【オラクルマスター試験概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

各設定基準によって試験内容が異なります。

試験科目

SQL、Oracle入門、プログラミングなどが出題されます。

申込み期間

随時受付されています。

試験日

随時実施されています。

受験料

15,750円

参照:日本オラクル株式会社

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る