これから中国語が話せて読み書きできる人は確実に就職や転職で有利になる。

資格一覧へ戻る資格の特集記事一覧 > これから伸びる中国語の勉強を始めたい!どの資格を取ればいいの?

お金が集まるところに人が集まる。人が集まるところに雇用がある。

これから転職・就職・昇進を有利にするためには中国語を学ぶ事が近道です。

2013年8月12日

↓↓資格選びで迷っている人は自分の最適な資格を無料診断!↓↓

中国語を学べば確実にお金が稼げる!

中国語を話すイメージ画像

世界の中心であるアジアに位置する日本は中国やインドにも近く地の利がある。

何か勉強して資格でも取ろうと思う人の多くの動機は、手に職を付けて自分のスキルを向上させ、就職・転職・昇進を有利にしたいからです。

もっと分かりやすく言うとお金が欲しいからですね。もちろん、自分のやりたい仕事に就くためという動機もあるでしょうし、そういう事とは関係なく趣味というか生涯学習という意味で勉強を始める方もいるでしょう。

でも、ほとんどの人がお金を稼ぎたいっていう気持ちを多少は心の片隅に合わせ持っているものです。

では、ぶっちゃけどうような資格が稼げるのでしょうか?

答えは、その時々の時代に社会で最も必要とされるスキルを持っていると証明する事ができる資格です。

道路や鉄道を一気に作りまくっていた高度経済成長期の時代には、土木や建築系の資格保有者が儲かりましたよね。

その後アメリカやヨーロッパなどに進出する人が増えてくると英語を使いこなせる人たちがけっこういい給料を貰っていました。資格・検定で言うと英検などですね。

現在は高度経済成長時代は終わり、大規模な土木事業というのは少なくなりました。また、ヨーロッパやアメリカも成長が停滞しており、進出する企業が減少しています。

今、世界で最も熱い地域はアジアです。世界中のヒト・モノ・カネが中国を中心とするアジアにどんどん集まってきています。日本の企業も欧米からアジアに力点を移してどんどん進出しています。

しかし、中国という国は中国共産党の独裁的な政治体制や文化の違いなどがあって、日本人にとっては一筋縄ではいかない大変やりにくい国です。

ここに大きなチャンスがあるのです。

英語とは異なり中国語を使いこなせる日本人というのはまだまだ少なく、需要に対して供給が全く足りていない状態です。人材の需給バランスが完全に崩れており、中国語を使いこなせる人は中小問わずあらゆる企業から求められています。

中国語を学ぶ重要性はこれから急速に増していきます。ここでは中国語を学ぶ魅力をたっぷりとお伝えします。この記事を最後まで読み終えた時には、あなたも中国語の勉強を始めようと思うでしょう。

2050年中国は断トツで世界一のGDPになる

突然ですがあなたに質問です。経済の豊かさを計る指標の1つとしてGDPがあります。国民総生産というやつですね。

日本は戦後の高度経済成長期を経て焼け野原の中から奇跡的な復興を果たし、世界第2位の経済大国を何十年も維持し続けてきました。

過去形になっている事に気づきましたか?そうなんです。今日本は2位ではなく3位になっています。

もうお分かりですよね。2位は中国です。2〜3年前に中国に抜かれたというニュースが大々的に取り上げられていましたが、今では抜かれたどころの話ではなくたった2〜3年で大きく引き離されてしまっています。

それでは世界1位の国はどこでしょう?これは誰でも分かりますよね。もちろんアメリカ合衆国です。今は断トツの世界一です。2位の中国に倍くらいの差を付けています。

もう1つあなたに質問します。今から27年後の2050年。世界1位の経済大国はどこだと思いますか?また日本は何位くらいになっていると思いますか?

この流れからいくとお分かりですよね。そうです中国です。世界中の多くの期間が予想をしているのですが、程度の差こそあれ中国がアメリカを抜いて世界1位になるという事は完全にみんな一致しています。

衝撃的だったのが世界でも最も有名な投資銀行であるゴールドマンサックスの予想です。これを見てください。

ゴールドマンサックスが予想する2050年の世界国別GDPランキング

参照:ゴールドマンサックス

どうですか?初めて見た人は衝撃を受けたと思います。でも、これが現実です。今の日本の現状を見てるとこれよりひどい状況になっているかもしれません。

1位は断トツの中国です。2位のアメリカに2倍ほど差を付けています。そして3位になんどインドです。

さらにブラジル、メキシコ、ロシア、インドネシア。ようやく日本です。日本は今からたった20年くらいで世界で8位になってしまうのです。ここまでくるともはや経済大国とは言えませんよね。

ここまで落ちてしまうと国内経済だけでは国民全員が豊かな生活をする事ができなくなりますので、海外に進出していくしか望みはありません。

そしてどこに行くかといえば、やはりお隣の国であり断トツ世界一の中国という事に必然的になりますよね。

中国の優秀なビジネスマンや富裕層は英語を使う事ができるので、英語ができればある程度の事はできるのですが、これから中国で圧倒的に伸びてくるのは中流・下流階級の人たちです。その人たちは当然ながら英語なんてできません。

したがって、長い目で見ると中国語をある程度使えるという事は圧倒的に有利になりますし、今の現状がすでにそうなのですが、短期的に見ても明らかに中国語を使いこなせる人は有利な状況です。

よく考えてみて下さい。もしあなたが今30歳か40歳だとします。27年後という事は、まだ57歳とか67歳です。

医療・年金・介護の補助が大幅に削減されている事が簡単に予想できるこの国です。まだまだ生きるためには収入が必要な年齢ですよ。

もう一度申し上げます。できれば一日に5分でも10分でもいいので中国語を学びましょう。それだけであなたの将来が全く違うものになると思います。

みなさんのこのような声が聞こえてくるような気がします。

「じゃあ、中国語の勉強をするためにはどの資格を取ればいいの?」

それではお答えします。

まずは中国語検定試験を取ろう。

業務独占が法律で定められている法律資格の画像

持っているだけで価値のある資格は法律で業務独占が認められている国家資格です。

日本で実施されている中国語の資格というか検定試験は有名なものとして3つあります。

中国語検定HSKTECCの3つです。

簡単にそれぞれの特徴を説明します。

まず中国語検定ですが、これは日本人向けの中国語検定試験で主に読み書きや知識偏重型の試験となっています。

1級などになれば重箱の隅をつつくような細かい問題が出題されます。英語の試験で例えると英検に近いイメージです。

次にHSKです。HSKは中国政府が公認している中国語の試験で、会話が中心となっていると言えます。

スピーキングなどでも会話のスピードが早く本場の中国で使える実践的な内容が多く出題されます。

中国政府が公認している世界共通の検定試験で、中国に留学しようと思っている場合には必ずHSKを受験しなければなりません。世界的な知名度はHSKが断然上です。英語で言えばTOEFLのイメージです。

最後にTECCです。TECCは中国語検定とHSKの中間のような試験と思ってください。中国語検定のように日本人向けの試験なのですが、内容はHSKのように実際のコミュニケーションで役立つようなものになっています。

どの試験もそれぞれに工夫がこらされていて面白いのでもちろんできれば、全部合格すればいいのです。下の級からどんどん受験してどんどん合格していけば嬉しいし自信になるしモチベーションを長期間高く維持できるというメリットもあります。

でも、実際には時間的に難しいと思います。

そこで初心者におすすめなのは中国語検定の4級から合格する事です。HSKに挑戦して実践的な会話を学びたいという気持ちも分かりますが、やっぱり最初は超基本的な発音とか文法とか単語なんかを机の上で学ばないと実践的なコミュニケーションなんてできるわけありませんよね。

初心者が中国語の本当に基本的な事を学ぶのに中国語検定4級は最高のペースメーカーになるのです。そして4級に合格する力があればかなり中国語が読めるようになります。

私たち日本人は日常生活で漢字を使っていますので、実は中国語を読むという点では圧倒的に有利なんですよね。日本人ほど中国語を学ぶのに有利な人種はいません。

日本人が外国語を学ぶ時にどの言語が簡単で難しいのかというのをレベル分けしたものがあるのですが、英語は3で中国語は2とされています。

私たち日本人にとっては英語を学ぶより中国語を学ぶ方が簡単なのです。

何を隠そうこの記事を書いている私も次回の中国語検定4級に合格するために最近中国語の勉強を始めました。

みなさんもこの機会に以下の事を冷静に考えてみて下さい。

  • 世界の中で日本という国がどういう状況にあるのか?
  • 今後死ぬまで末永く役に立つであろうスキルは何なのか?
  • 世界の金や人の流れは今後どうなっているのか?
  • 世界の時代の流れはどのような方向に向かっているのか?

これらを考えれば、今から少しずつでも中国語の勉強をはじめようと思えると思います。1回きりの人生で一日も一分も無駄にしないように頑張りましょう。

↓↓女性におすすめの資格・お仕事特集!↓↓

[人気の記事]

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る資格の特集記事一覧 > これから伸びる中国語の勉強を始めたい!どの資格を取ればいいの?

女性に人気がある資格・検定ランキング 女性に人気の資格ランキング!

ページの上に戻る