実用英語技能検定(英検)の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

実用英語技能検定(英検)について

次回の試験日は《2017年6月4日 (確定)》です。残り96日です。

実用英語技能検定(英検)のイメージ画像

英検は、英語の基礎を学べます。とても人気がある日本最大の英語の試験です。英語の勉強をしている人はとりあえず取っておきましょう。

実用英語技能検定とは、一般的に英検と呼ばれている試験で、文部科学省認定の公的な検定試験です。

5級から1級までの幅広い段階分けがなされており、子供などの英語の学習を始めたばかりの者から、大学生や社会人など英語を専門的に勉強している人まで広く受験することができます。

年間約230万人が受験する国内最大規模の英語に関する試験です。英語を勉強しているならとりあえず取っておくという資格です。

筆記試験とリスニングテストによる1次試験と面接形式による2次試験で実施されています。

英検の二次試験(面接)対策についてはこちらの記事を参考にして下さい。

英語の基本的な能力として必要な「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく的確に測定する優れた試験となっています。

外資系の会社が増えていたり、日本の企業でも社内公用語をすすめている会社が増えており、実用英語技能検定(英検)は就職、転職にも有利な人気の資格となっています。

英語の資格としてメジャーなものとしては、TOEICTOEFLがあります。TOEICは、ビジネスマン向けの色が強く、TOEFLは留学する人向けで学術的な色が濃い資格です。

他方でこの英検は、特に何かに特化したものではなく、英語の最も大事な基本の部分についての学習ができる資格試験です。

英検は、年齢、性別、職業を問わず、英語を勉強している全ての人におすすめの英語の資格です。

New 無料の体験レッスンが受講できるオンライン英会話サービスを集めてみました。

2016年第1回試験より試験制度が変更されました。4級と5級にスピーキングテストが導入、2級にライティングテストが導入されました。2016年の変更については以下に詳しく記述しています。

実用英語技能検定(英検)の概要

【実用英語技能検定(英検)概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験出来ます。

同じ日に2つの級をダブル受験する事もできます。例えば、3級と4級を同じ日の午前と午後に受験するという事が可能です。

レベル

各級の大まかなレベルの目安は以下のようになっています。

5級
中学初級程度。初歩的な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。
4級
中学中級程度。簡単な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。
3級
中学卒業程度。身近な英語を理解し、また使用することができる。
準2級
高校中級程度。日常生活に必要な英語を理解し、また使用することができる。
2級
高校卒業程度。社会生活に必要な英語を理解し、また使用することができる。
準1級
大学中級程度。社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる。
1級
大学上級程度。広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる。
試験内容

筆記・リスニング・スピーキング(4級・5級のみ筆記とリスニングのみ)で実施されています。(2016年第1回試験から4級、5級でもスピーキングが導入されました。)

【5級】(中学初級程度)

1、筆記(25分)
2、リスニング(約18分)

1年以内にインターネットでスピーキング試験を受験可。

【4級】(中学中級程度)

1、筆記(35分)
2、リスニング(約25分)

1年以内にインターネットでスピーキング試験を受験可。

【3級】(中学卒業程度) 

1次:筆記(40分)、リスニング(約25分)  
2次:スピーキング

【準2級】(高校中級程度)

1次:筆記(65分)、リスニング(約25分)
2次:スピーキング

【2級】(高校卒業程度)

1次:筆記(85分)、リスニング(約25分)
2次:スピーキング

※2016年第1回から筆記試験が75分から85分に10分間延長されました。

【準1級】(大学中級程度)

1次:筆記(90分)、リスニング(約25分)
2次:スピーキング

【1級】(大学上級程度)

1次:筆記(100分)、リスニング(約30分)
2次:スピーキング

※1:あくまで上記の学校・段階は問題レベルの目安です。

※2:4級、5級については2016年第1回試験から試験日から1年以内であればスピーキングテストをインターネット上で受験することができるようになりました。スピーキングテストの合否判定は筆記・リスニング試験と別に判定されます。

免除項目

1級から3級の一次試験に合格した人は、合格した年から1年間に限って、次の受験の際に一次試験が免除され二次試験から受験する事ができます。

申込み期間

例年、4月、8月、12月の年3回申込みの受付が開始されます。

第1回:4月1日〜5月下旬くらい

第2回:8月1日〜9月下旬くらい

第3回:12月1日〜12月下旬くらい

試験日

例年、年に3回実施されています。

第1回
1次:例年6月中旬 2次:例年7月中旬

第2回
1次:例年10月中旬 2次:例年11月中旬

第3回
1次:例年1月下旬 2次:例年2月下旬

受験料

【本会場】

  • 5級:2,000円
  • 4級:2,100円
  • 3級:3,200円
  • 準2級:4,500円
  • 2級:5,000円
  • 準1級:6,900円
  • 1級:8,400円

【準会場】

  • 5級:1,500円
  • 4級:1,600円
  • 3級:2,800円
  • 準2級:4,100円
  • 2級:4,600円

※準会場は団体受験などで、学校、塾、企業などで実施される会場の事を意味します。会場を借りる費用や運営の人件費などがかからないため割安に設定されているのでしょう。

上記の受験料は2016年の第1回試験から適用されている新しい受験料です。以前の検定料はは以下の通りです。ライティングやスピーキングが導入される事に伴う価格改定のようですが、30%以上の値上げとなっていますので受験される人は要注意です。(2016年2月15日現在の情報)

  • 5級:1,400円
  • 4級:1,500円
  • 3級:2,500円
  • 準2級:3,600円
  • 2級:4,100円
  • 準1級:6,000円
  • 1級:7,500円
問合せ先

公益財団法人 日本英語検定協会

個人申込
TEL:03-3266-8311

団体申込
TEL:03-3266-6581

東京オフィス
〒162-8055
新宿区横寺町55番地

大阪オフィス
〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-3-16
京富ビル4階

〜TOEIC/TOEFL/英検のスコア対応表〜

英検 TOEIC TOEFL iBT
1級

810以上

91以上
準1級

740以上

82以上
2級

53以上

153以上
準2級

40以上

121以上
3級 38以上 113以上
4級 28以上 87以上

【2016年の試験制度変更について】

日本は英語教育に多くの時間と労力をかけている割には、アジアで最低レベルの英語力しか有していない人が多いのが現実です。

その最大の問題点は、机上の筆記勉強が中心で実際に英語を話してコミュニケーションをとる実践練習が足りないからだと考えられています。

今後は小中学校の時から実践で役立つコミュニケーションツールとしての英語力が求められます。それに対応するために英検も大きく試験制度を改善していこうとしているようです。

まず2016年度の第1回試験より以下の変更が行われます。

  • 3級以外の級でより実践的な力を問うために問題形式が変更されます。
  • 2級についてライティング試験の導入に伴って試験時間が75分から10分延長されて85分になります。
  • ライティングテストを受験した後に自分の能力をより深く知るために観点別採点が導入されます。課題で求められている内容が含まれているか(内容)、英文の構成や流れが分かりやすく論理的であるか(構成)、課題に相応しい語彙を正しく使えているか語彙、文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか(文法)の4つの観点から評価されます。
  • 全ての級においてCSE2.0に基づくスコアを技能別に算出し、それに基づいて合否が判定されます。CSE(Common Scale for English)」は、語学のコミュニケーション能力を測る国際基準規格である「CEFR」を参考に尺度化したものです。よりコミュニケーション能力の判定制度を上げるためにCSE1.0がCSE2.0に改善されました。
  • 2級にライティング試験、4級と5級にスピーキング試験が導入されたことに伴って検定料が値上げされます。

参照:日本英語検定協会

実用英語技能検定(英検)おすすめのスクール

実用英語技能検定(英検)に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

英検おすすめのスクール!

バーチャル英会話

バーチャル英会話教室

英語上達の近道は、できるだけ英語に触れる時間を増やすこと。月額たったの7,980円、1分7円でネイティブのレッスンを受けることができるのは、オンライン英会話だからこそ。日本人の先生もいるし、サポートも万全なので、初心者でとにかく英会話を初めてみたいという人におすすめです。

今なら1週間の無料体験実施中!

このページを見ている人はこんなページも見ています。

実用英語技能検定(英検)おすすめのテキスト・問題集

実用英語技能検定(英検)に合格するために役に立つおすすめのテキストや問題集を紹介しています。

  1. 英検準2級をひとつひとつわかりやすく。
  2. 7日間完成 英検4級予想問題ドリル
  3. 英検過去問題収録 英検DS2デラックス

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る