TOEFL(トーフル)の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

TOEFL(トーフル)について

TOEFL(トーフル Test of English as a Foreign Language)とは、世界中で受験されている、英語運用能力テストのリーダー的存在です。

1964年に、英語を母国語としない人々の英語力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。

高い信頼性のもと、40年以上にわたり客観的かつ正確な、世界で最も優れたアカデミックな英語テストとして常に注目を集めています。

現在TOEFLテストのスコアは、約110ヵ国、6,000以上の機関で英語運用能力の証明として使われています。

TOEFLは、アメリカなどの海外の大学や大学院へ留学する際に、スコアの提出が必須とされていることが多く、海外の大学に留学するには、TOEICではなくこのTOEFLで高得点を取得することが必要となります。

また、日本の法科大学院を受験するときなどにも高得点を取得しると有利になったり、東京大学ではTOEFLのスコア提出が必須となっています。

出題内容も日常会話やちょっとしたビジネス会話が中心となるTOEICと異なり、学問的・アカデミックな内容が中心となっており、難易度は高い試験です。

以前はペーパーテストで実施される試験もありましたが、現在は、インターネットで実施されるiBT試験のみとなっています。

【特集】無料の体験レッスンが受講できるオンライン英会話サービスを集めてみました。

TOEFL(トーフル)の概要

【TOEFL(トーフル)概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験出来ます 。

ただし、TOEFL iBTの受験回数制限は、7日に1回です。

試験内容

現在、主流となっているiBT試験は、リスニングセッション、リーディングセッション、ライティングセッション、スピーキングセッションで構成されています。

すべて会場に置いてあるコンピュータでインターネットを通じて受験することになります。

最低限のパソコン操作のスキルが必要となりますし、タイピングもできることが必要となります。

申込み期間

随時受け付けされています。

ほぼいつでも申し込むことができます。

試験日

随時実施されています。

ほぼいつでも受験することができます。

受験料

Regular registration:受験料170米ドル - 7日前まで。

Late registration:受験料195米ドル - 4日(中3日)まで。

〜TOEIC/TOEFL/英検のスコア対応表〜

英検 TOEIC TOEFL iBT
1級

810以上

91以上
準1級

740以上

82以上
2級

520以上

53以上
準2級

400以上

40以上
3級 365以上 38以上
4級 260以上 28以上

参照:国際教育交換協議会日本代表部(CIEE)

TOEFL(トーフル)おすすめのスクール

TOEFL(トーフル)に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

TOEFL(トーフル)おすすめのスクール!

バーチャル英会話

バーチャル英会話教室

英語上達の近道は、できるだけ英語に触れる時間を増やすこと。月額たったの7,980円、1分7円でネイティブのレッスンを受けることができるのは、オンライン英会話だからこそ。日本人の先生もいるし、サポートも万全なので、初心者でとにかく英会話を初めてみたいという人におすすめです。

今なら1週間の無料体験実施中!

ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

ケイコとマナブ

約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
無料の資料請求や体験レッスンはこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る