法科大学院(ロースクール)と新司法試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

資格一覧へ戻る > 国家資格一覧 > 法律系資格一覧 > は行資格一覧 > 法科大学院(ロースクール)と新司法試験

法科大学院(ロースクール)と新司法試験について

2004年4月にいよいよ法科大学院(ロースクール)がスタートしました。

この制度にはいろいろ問題がありますが、始まってしまったものは仕方がありません。

裁判官、検察官、弁護士の法曹3者になりたいなら、現行司法試験に受かるか、法科大学院に入学して新司法試験に合格するしかありません。

それでは、法科大学院について少し説明します。

まず、そもそもなぜ司法試験という試験があるにもかかわらず、このような法科大学院(ロースクール)というものができたのかを説明したいと思います。

ここに書いてある理由だけではなく他にもいろいろあるのですが、全ては書けないので、一つの意見だということを了解してください。

皆さんもご存知かと思いますが、司法試験の合格率は約3パーセント、しかも東大、京大、早稲田、慶応、中央という一流大学のエリートの中での3パーセントしか合格できないのです。

これは、本当に過酷な試験となっています。それこそ、毎日家や予備校の自習室にかよって何年も勉強し続けなければ合格できないのです。

そのような勉強しかしていない人間ばかりが法曹になっているので、社会の一般常識との感覚がずれている人が法曹には多いということからそれを是正しようというための制度として誕生したのです。

つまり、試験の点数だけでなく、多様な人材を法科大学院に入学させて、その過程で法律家としての知識や能力を養成して社会で活躍させようとするのが目的です。

また、法曹の人口が足りていないことから、人数を増やす必要がでてきました。でも、単に人口を増やしたのでは法曹の質が下がってしまいます。

ですから、法曹としての最低限度の質を保ちつつ人口を増やそうという目的もあります。

そこで、法科大学院に入学し、卒業した人に新司法試験の受験資格を与えて、それに合格し、司法研修所を卒業した人に法曹資格を与えるという制度なのです。

また、法科大学院には法学未修者コース(3年)と法学既習者コース(2年)があります。

司法試験の合格者は、2010年には3000人に増加する予定ですので、法曹になるチャンスは拡大しています。

法科大学院(ロースクール)と新司法試験の概要

【法科大学院(ロースクール)と新司法試験概要】

まず、法科大学院(ロースクール)に入学するためには、毎年6月に実施される適正試験というものを受けなければなりません。

この適性試験には、日弁連が主催するものと大学入試センターが実施するものがあります。

ほとんどの法科大学院が大学入試センターの適性試験の受験を、法科大学院(ロースクール)の受験の要件としていますので、大学入試センターの適正試験は必ず受けましょう。

適性試験で出題されるのは法律とは関係なく、推論・分析力、読解・表現力です。ただ、あくまで、法律家になるためのテストですから、法律的な考え方(法的思考力、リーガルマインド)が必要となるのは間違いありません。

このことは、法学部出身の人が、他学部出身の人よりも点数が高いことからも明らかです。適性試験に対する対策も必要でしょう。

そして、秋ごろに各法科大学院(ロースクール)の入学試験が実施されます。そのときに適性試験の成績を提出することになります。

法科大学院(ロースクール)の入学試験は未修者コースの受験だと法律科目はあまりなく、主に小論文が実施されます。未修者コースに入学する方は小論文の対策もしましょう。

既習者コースの方は反対に法律科目が中心に出題されます。

この各法科大学院(ロースクール)の入学試験はほんとうに各法科大学院によって違いますので、自分の行きたい大学をしっかりと決めてその対策をとることが必要でしょう。

既習者コースへの入学を考えている方は、相手はほとんどが現行司法試験の勉強をしてきている人なので、かなりの実力がなければ合格することは難しいと思われます。頑張って勉強しましょう。

そして、無事卒業することができれば、新司法試験を受けることになります。

この新司法試験ですが非常に制限が厳しく、5年以内に3回しか受験することができません。

へたすると法科大学院に入学しても法曹になれないということになるので、本当にこれは注意しましょう。

新司法試験の合格率は2割か3割くらいになると予想されていますので、今の司法試験の3パーセントにくらべればかなり高いので、法曹になるチャンスは拡大しているといってよいのでしょう。

実は法科大学院(ロースクール)についてはこれくらいの説明しかできません。まだまだ、未完成の制度ですので、未定のものがほとんどです。日々、状況が変わっているので、情報収集は怠ることのないようにしましょう。

〜平成19年度新司法試験データ〜

試験 受験者数 合格者数
短答式試験

4,607人

3,479人
論文式試験 3,479人 1,851人

〜新司法試験合格者の選択科目別人員・割合〜

新司法試験合格者の選択科目別人員・割合

〜新司法試験合格者の司法試験受験回数〜

新司法試験合格者司法試験受験回数

>>論文式試験答案例

参照:法務省

法科大学院(ロースクール)と新司法試験についてのコメント

法科大学院(ロースクール)と新司法試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

法科大学院(ロースクール)と新司法試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

法科大学院(ロースクール)と新司法試験おすすめのスクール

法科大学院(ロースクール)と新司法試験に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

法科大学院試験おすすめの予備校!

資格のLECのオンライン講座一覧!

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドは、通称レックと呼ばれている資格スクールです。大手資格予備校の中でも歴史と実績のある信頼できる資格の学校です。
資料請求はこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

法科大学院(ロースクール)と新司法試験おすすめのテキスト・問題集

法科大学院(ロースクール)と新司法試験に合格するために役に立つおすすめのテキストや問題集を紹介しています。

  1. 法律に精通した専門家を目指す人に 法科大学院徹底ガイド
  2. 法科大学院 適性試験 過去問分析+予想問題集
  3. 伊藤塾式 人生を変える勉強法

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 国家資格一覧 > 法律系資格一覧 > は行資格一覧 > 法科大学院(ロースクール)と新司法試験

ページの上に戻る