海技士(航海)の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

海技士(航海)について

海技士(航海)とは、遠洋漁業などを行う漁船の船長、航海士といった船舶職員になれる者で、国土交通大臣から免許を与えられた者をいいます。

海技士(航海)は、船舶が安全に航海できるように、指針を示し、船と乗組員の安全を守る極めて重要な役割を果たすことになります。

海技士(航海)の資格を取得するには試験に合格するだけではなく、さらに免許講習の受講が必要となっています。

海は天候の変化や災害の発生など、常に危険があり、高度な専門的知識と技術が必要とされます。漁業に興味のある人は取得しておくと役立つ国家資格でしょう。

関連資格:海技士(機関) / 海技士(通信・電子通信)

海技士(航海)の概要

【海技士(航海)概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

船舶の航行する区域および船舶の大きさの区分などで、それぞれの乗船履歴が定められている。

詳しくは船舶職員法施行規則を参照してください。

試験内容

〜6級〜

学科・筆記:

1、航海に関する科目(航海計器、航路標識、電波航法 ほか)
2、運用に関する科目(船舶の構造・設備および損傷制御、気象および海象、操船、船舶の出力装置、非常装置 ほか)
3、法規に関する科目(海上衝突予防法、船員法 ほか)

〜5〜1級〜

学科・筆記:

1、航海に関する科目(航海計器、航路標識、電波航法 ほか)
2、運用に関する科目(船舶の構造・設備および損傷制御、気象および海象、操船、船舶の出力装置、非常装置 ほか)
3、法規に関する科目(海上衝突予防法、船員法 ほか)
4、英語に関する科目

学科・口述:各級とも筆記合格者に実施

身体検査:各級共通

1、視力
2、弁色力
3、聴力
4、眼疾患の有無
5、疾病および身体障害の有無

申込み期間

【申し込み期間】

定期試験:試験開始日の35日前〜15日前

2月試験は40日前〜15日前まで

臨時試験:試験地の各地方運輸局が公示

【申込方法】

海技従事者国家試験申請書に写真、戸籍妙本もしくは住民票(本籍記載のものに限る)、船員手帳、海技士身体検査証明書、受験料(相当する収入印紙)などを添えて、受験する各地方運輸局へ申請する。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

定期試験:4月、7月、10月、2月

臨時試験:試験地の各地方運輸局が公示

受験料

学科・筆記:2,400〜7,200円

学科・口述:3,000〜7,500円

身体検査:870円

参照:国土交通省

海技士(航海)についてのコメント

海技士(航海)について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

海技士(航海)に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る