Excel表計算処理技能認定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

エクセル表計算処理技能認定について

あらゆるビジネス社会において、最も活用されている表計算ソフトは、マイクロソフト社のMicrosoft Excel(エクセル)です。

そのExcelを活用して効果的に実務を行うための能力を測定する試験を Excel表計算処理技能認定試験といい民間資格の一つです。

グラフ・マクロなどの機能を使用し、ビジネス社会で要求されるMicrosoft Excelで表計算処理の作成能力とビジネス実務への展開能力を認定します。

Excel表計算処理技能認定試験は、Excelの基本的な活用能力を測定する3級から、マクロやデータ分析・ソルバーといった応用的な活用能力を測定する1級まで、その保有スキルに応じてレベル別に認定する試験です。

エクセルは、仕事で役立つことはもちろん家庭での日常生活にも大変役立ちますので、取っておくと何かと役に立つ資格です。

エクセル表計算処理技能認定の概要

【エクセル表計算処理技能認定概要】

受験資格

受験資格は特にありません。

誰でも受験することができます。

試験内容

筆記試験と実技試験によって実施されています。

試験科目

知識試験と実技試験で実施されています。

〜1級〜

知識試験30分、実技試験90分

Microsoft Excelを用いてビジネス社会における高度な表計算処理を行うことができると同時に、パソコン・表計算・ビジネス図表・ビジネス帳票・データベースに関する高度の実務知識を駆使して業務処理を分析し、表計算処理ソフトウェアの活用法を指導・提案できる。

〜2級〜

知識試験30分、実技試験90分

Microsoft Excelを用いてビジネス社会における通常の表計算処理を行うことができると同時に、パソコン・表計算・ビジネス図表に関する基礎知識を有し、初心者の操作指導ができる。

〜3級〜

知識試験30分、実技試験60分

Microsoft Excelを用いて簡単な表計算の入力と作成を行うことができると同時に、パソコン・表計算・ビジネス図表に関するごく基本的な知識を有する。

※知識試験:ビジネス帳票およびMicrosoft Excelに関する操作知識

※実技試験:Microsoft Excelの操作によるxlsファイル等の作成、編集

試験日

〜1級〜

年に1回3月中旬頃に実施されています。

〜2・3級〜

3月中旬頃、7月中旬頃、11月上旬頃の年に3回実施されています。

試験地

以下の場所で実施されています。

北海道、宮城、福島、埼玉、千葉、東京、神奈川、長野、新潟、静岡、石川、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

受験料

1級:7,500円

2級:6,500円

3級:5,500円

問合せ先

(株)サーティファイ認定試験事務局
〒104-0031
東京都中央区京橋3-3-14 京橋AKビル
TEL 0120-031-749

参照:株式会社サーティファイ

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る