ボイラー技士試験(1級、2級、特級)の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

資格一覧へ戻る > 国家資格一覧 > 工業系資格一覧 > は行資格一覧 > ボイラー技士試験(1級、2級、特級)

ボイラー技士試験(1級、2級、特級)について

ボイラー技士試験(1級、2級、特級)のイメージ画像

特級ボイラー技士の資格を取得すれば、発電所などの作業主任者になることも可能です。

ボイラーとは、燃料を燃焼させることによって得た熱を水に伝え、水蒸気や温水に転換させる熱源機器のことをいいます。主に工場や建築物などで利用される熱や水蒸気を作ったり、蒸気機関車等の動力源として利用されています。

このボイラー技士の資格は、ボイラーを扱ったり、点検したり安全の管理などを行う際に必ず必要となる労働安全衛生法に基づいて実施されている国家資格です。つまり、ボイラーを取り扱ったり点検したりするためには必ずボイラー技士の資格が必要だということです。

ボイラーを扱う仕事をするためには、必須の資格ですので、工場やビルのメンテナンスなどを行っている会社で働く際にはぜひ取得しておきたい資格ですし、持っていると就職や転職の際には有利に働くでしょう。

なお、ボイラー技士には特級、1級、2級が設置されており、ボイラーを取り扱うだけであれば、級に関係なく取り扱うことができるのですが、労働者を指揮する作業主任者になるためにはボイラーの規模によって必要な級が異なっています。

ボイラ技士の資格と関連する資格として、電気工事士冷凍空調技士があります。この3つの資格を取得しておくと、就職の際に有利になることはもちろん給与の面でも優遇される可能性があります。

【特集】リストラからの再就職に役立つ資格!40〜50代でも取れる資格

ボイラー技士試験(1級、2級、特級)の概要

【ボイラー技士試験(1級、2級、特級)概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

学校教育法による大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校【注1】においてボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後3ヵ月以上の実地修習を経た者。

ボイラーの取扱いについて6ヵ月以上の実地修習を経た者。

海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者。

ボイラー実技講習を修了した者など。

試験内容

ボイラーの構造に関する知識、ボイラーの取扱いに関する知識、燃料及び燃焼に関する知識、関係法令などが出題されます。

試験日

地域によって異なりますが、毎月実施されています。

受験料

 7,000円

参照:財団法人安全衛生技術試験協会

このページを見ている人はこんなページも見ています。

ボイラー技士試験(1級、2級、特級)についてのコメント

ボイラー技士試験(1級、2級、特級)について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

ボイラー技士試験(1級、2級、特級)に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 国家資格一覧 > 工業系資格一覧 > は行資格一覧 > ボイラー技士試験(1級、2級、特級)

ページの上に戻る