電気工事士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

電気工事士試験について

次回の試験日は《2017年9月30日 (予想)》です。残り43日です。

電気工事士試験とは、電気工事士の資格を取るための試験です。

電気工事士は、一般の住宅で使用する比較的小規模な電気設備の工事をしたり、工場やデパートなどの大型施設において最大電力が500kw未満の自家用電気工作物の工事に従事するための資格です。

これらの工事をするためには電気工事士の資格が必要となっていますので、いわゆる独占業務というものに近いものがあります。ですから、この電気工事士の資格を取ることによって、大きくビジネススキルをアップすることが可能です。

また、従事できる電気工作物の種類によって、第1種と第2種に試験が分かれています。

電気工事に関する仕事をされている方であれば、この電気工事士の資格を取得することにより、自分のスキルを証明することができると思います。

合格率は第2種が、約35%、第1種が約20%になっております。

電気工事士試験の概要

【電気工事士試験概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

【第2種】

筆記試験と技能試験が実施されます。

【第1種】

筆記試験と技能試験が実施されます。

試験科目

電気に関する基礎理論や電気工事の施工方法、そして、技能試験では、電線の接続・配線工事などが出題されます。

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

第2種:3月中旬〜4月上旬

第1種:7月中旬〜8月上旬

試験日

例年以下の期日に実施されています。

第2種:筆記が6月上旬 技能が7月下旬

第1種:筆記が10月上旬 技能が12月上旬

受験料

第2種:5,200円

第1種:8,100円

参照:財団法人電気技術者試験センター

電気工事士試験についてのコメント

電気工事士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

電気工事士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

5件

HN(ハンドルネーム):ポン太 | 2017年6月7日11:03:55

私は高校時代に将来電力会社で働きたいと考えていて就職に有利になる電気工事士の資格を取ろうと思っていました。電気工事士の資格は二種類あって第一種と第二種があり試験内容は筆記試験と実技試験です。筆記試験で六十点以上取り、実技試験は指定されたものを時間以内に完成させなければいけません。難易度は第一種の方が難しく、普通の高校生は第二種から取得していきます。第一種と第二種の合格にはそれぞれ二ヶ月ほどかかり費用は参考書代と実技試験の練習キット代で一万円弱でした。ちなみに工具は学校側が貸してくれました。合格までの勉強は授業と独学でした。参考書はどれがいいと言うわけではなく書店に置いてあるのを適当に一冊選んでいました。筆記試験の場合の勉強方法は、参考書を読みふけて過去問を解きました。今振り返れば過去問を解くだけで十分だったかなと思います。実技試験は時間内に終わらせるように何度も何度も練習していました。早く終わらせるコツはシンプルに体に覚え込ませることです。資格を取得したことで就職では有利になりました。そもそもこの資格がないと仕事ができないところがありそうゆう意味では会社から特別な目で見てもらえることができ役に立ちました。

HN(ハンドルネーム):智 | 2017年5月10日4:43:08

『第二種電気工事士』。電気の資格だな~位に思う方が多いんではないでしょうか。私は昨年、会社から全社的にLED照明の工事をやるため、免許を取ってほしいと業務命令の様な形で通達され、免許を取らない場合は必要ないと間接的に言われてしまい、『第二種電気工事士免許』を取る覚悟を決めました。
会社に通達されたのが、前年の12月末でした。試験は6月に筆記と7月に技能があり、筆記合格者のみが技能試験を受ける事ができます。

通達を受けてから、筆記までは半年ありましたが、全く知識も技能もない無知の人間が、半年で電気の勉強をして試験に合格できるのかな。当時は凄く悩みましたが、とりあえず挑戦しないわけにはいかないので、とりあえずネットで色んな方の勉強方法を学び、テキストと問題集を選ぶ事にしました。

選んだテキストは『すいーっと合格シリーズ』です。こちらのテキストはページ数が少なく、初心者でもかなりわかり易くなっていました。どの試験でも共通の事ですが試験勉強に必要な知識は、全体の知識量から言えばほんの一部です。実際試験に合格してみて思った事は、このテキストで十分すぎました。

次に過去問題集ですが、『第二種電気工事士筆記試験標準解答集 シリーズ』です。特にこのテキストである必要性はありませんが、過去問が10年分程載っていた方が色んな問題ができて合格に近づくと私は思います。

この2つの参考資料を基に、1月から勉強を始めました。
勉強方法は、テキストを1回ぱらぱら読みます。絵が多いため少し読んだだけでも頭に入ります。
その次に『過去問を5~10回繰り返す』。これが1番重要です。過去問を繰り返すだけで筆記はかなりの確率でパスできます。

信じられないかもしれませんが、実際に過去問を見るとその理由がわかると思います。
電気工事士の筆記問題にはいくつか分類があって、その殆どが過去問から出ています。絵を見て『○○はどれですか?』といった問題もあり、視覚で覚える問題も多いため問題を繰り返すことで自然と知識が付きます。私の場合は確実に受からなければならなかったため、10年分を10回程こなしましたが、その頃にはどの年の問題でも95%以上は正解できるまでになっていました。

技能試験については、問題が公開されます。公開された13問の内1問が出題される形です。つまり、13問を練習すれば、どれかが出題されるということですね。これに関しても問題は毎年似ていますが、試験時間は40分なので、その中で終わるように何回も何回も練習を重ねる、これに尽きます。

勉強時間は、私の場合筆記は平日2時間程を半年、技能に関しては平日2時間程を1ヶ月程で合格できました。一番の攻略法は問題に慣れる事だと思います。

試験に合格して会社での評価はどうかというと、実際の所は給与面は優遇されていません。今の会社にいる限りそれは変わらないでしょう。ただ、将来転職を考えた時に、電気業界へ転職する材料にはなるかなと思っています。
第二種電気工事士はとても凄い資格ではありません。入門資格ですので、そこまでの評価には繋がらない事がわかりましたが、これから電気業界へ転職・就職するには最低限あった方が良い資格だと思いますので、勉強をする方は参考にして頂ければと思います。

HN(ハンドルネーム):翼 | 2017年8月8日18:14:35

私は高校生の時に第二種電気工事士の資格を取得しました。
きっかけは学校が希望者を集めて説明会を開いたときに興味を持ったからです。
当時は卒業後の進路を決めかねていて、必要に駆られたわけではないのですが、少しでも資格を取得していれば将来的に就職活動に有利になると思いました。
試験は筆記試験と実技試験があるのですが、実技で必要になる工具類は学校が貸してくれたので、試験の為に購入したのは電気書院の参考書だけでした。
筆記試験は工具や記号の名称や意味。電気に関する計算問題。法令などの4択の選択式問題。
こちらは参考書を読んで過去問題を解いたり、暗記系はひたすら見て覚えました。
実技試験は出題される配線図を条件に沿って制限時間内に実際に組み立てる作業。
こちらは放課後に空き教室で、教師の指導のもと何度も実習を行いました。
苦労したのが実技で、問題を実際に配線する際の複線図というものに直してから、コンセントなどの器具を繋げて回路を組み立てていきます。
配線を傷つけないように、また、回路図を間違えないように。慎重に行わないといけない上に時間制限があるので、ある程度回数をこなして作業に慣れるしかありませんでした。
何とか取得に成功し、後にそれが縁で電気工事の会社に内定を頂くことが出来ました。
専門職ではその職でしか使われない道具や用語などがあるので、事前にその職にまつわる資格を取得しておくと、就職や実務ではずっと有利になると思います。

HN(ハンドルネーム):cerar | 2017年7月10日14:56:49

私は、第二種電気工事士の資格を取得しました。電気工事士の資格取得をした理由は、屋内配線の仕事を行う可能性があったため勉強して資格取得をしました。合格するまでの勉強時間は、およそ3カ月程度でした。勉強方法としては、学科問題に関しては参考書購入し勉強を行いました。学科は、参考書の模擬問題を繰り返し解いたり、重要と思われるポイントを押さえました。実技試験に関しては、練習用の教材を通信講座で取り寄せ繰り返し実技練習を行いました。本番では、スピードが要求されるため何度も練習をして体に覚えさせたのです。配線のパターンは、当日の課題によって変わるためどのようなパターンが出題されても対応出来るように勉強しました。第二種電気工事士を取得した事で、仕事にも幅が出ました。また、プライベートで自宅のエアコン配線等が出来るになり、電気配線の知識も豊富になりました。電気工事士の資格を取得した事で給料が上がると言う事はありませんでしたが、仕事やプライベートといったいろんな場面で電気工事士の資格が役立ちました。技術的な資格のため資格を持っていれば、配線工事等あらゆる場面で活用出来るので資格を取得して良かったと感じています。

HN(ハンドルネーム):琢磨 | 2017年5月29日12:16:08

じぶんは現在でありますが30歳の男性会社員をおこなっております。じぶんでありますが、去年に第二種電気工事士の資格を取得させていただきました。じぶんは現在でありますが、電気会社に勤めておりますが、2年前までは職種の全く違う仕事をおこなっており、事務関係の仕事をおこなっておりました。ですので、電気の知識などは全くなく、仕事をおこなうのにもほんとうに苦労をしていたのです。それで上司に課題をだされてしまい、こちらの電気工事士の資格を取得するようにいわれてしまいました。じぶんははじめでありますが、知識だけをつけて、筆記テストに合格をすることができれば、それで資格を得ることができるとおもっていたのです。ですが、実際に受けようとしてみると、技能のほうもあり、じぶんは技能のほうでほんとうに苦労をしました。じぶんは手先が不器用であり、それで仕事などもほんとうにミスばかりをおかしてしまったのです。試験時間なども約30分であり、ギリギリの時間を設定されており、自分自身でありますが、ほんとうに手間取ってしまいました。何とか合格をすることができましたが、今度電気関係の資格を受けるときなどはもう少し余裕を持って取り組みたいと思っております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る