調理師の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

調理師について

調理師は日本で飲食業の仕事をするためにほぼ必須の国家資格で、調理に関する最低限の能力を有するかどうかを試すための資格試験です。

調理師試験は、調理師法に基づいて都道府県知事によって実施される国家資格です。

調理師という名称を名乗るためには必ず調理師の免許が必要とされているいわゆる名称独占資格です。

外食産業の発展で、腕のよい料理人はどこへいってもひっぱりだことなっており、海外のホテルなどで活躍されている方もたくさんいます。

おいしい料理をつくれるだけでなく、見た目の美しさや独創性なども重要であり、総合的な能力が要求される仕事です。

資格の取得には、調理師養成学校を卒業するか、各都道府県が実施する調理師試験に合格するという2つの方法があります。

料理人として働くためには必ずしも調理師免許が必要なわけではないのですが、特に日本で料理人を目指す人は取っておく方が良いでしょう。

調理師の概要

【調理師概要】

受験資格

下記の学歴と職歴の条件を満たしている者。

【学歴】
1、中学卒業以上の者
2、小学校卒業で5年以上の調理業務に従事した者
3、各種学校として認可されている外国人学校(中等部)修了者で、上記1〜3と同等以上の学力を有すると厚生労働大臣が認定した者

【職歴】
上記の学歴修了後、次の1〜4までの営業施設で2年以上、調理業務に従事した経験のある者(ただし、上記学歴�Aの場合は通算7年以上必要)

1、飲食店営業(旅館、簡易宿泊所を含む)
2、魚介類販売業(店舗で魚介類を販売する営業をいい、魚介類を生きたまま販売する営業、魚介類せり売営業は除く)
3、そうざい製造業(煮物、焼物、揚物、蒸し物、酢の物等を製造する営業)
4、学校、病院、寮などの給食

試験内容

書類審査後、筆記試験による次の7科目によって実施されます。

1、食文化概論
2、衛生法規
3、公衆衛生学
4、栄養学
5、食品学 
6、食品衛生学
7、調理理論

申込み期間

各都道府県によって異なる。

【申込方法】

次の書類に受験料を添えて申し込む。

1、受験願書(写真貼付)
2、調理業務従事証明書
3、卒業証明書

試験日

各都道府県によって異なる。

受験料

各都道府県によって異なる。

問合せ先

各都道府県調理師試験担当課

調理師おすすめのスクール

調理師に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

調理師おすすめのスクール!
ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

ケイコとマナブ

約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
無料の資料請求や体験レッスンはこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

調理師についてのコメント

調理師について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

調理師に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る