社会保険労務士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

社会保険労務士試験について

次回の試験日は《2017年8月27日 (予想)》です。残り185日です。

社会保険労務士は、労働・社会保険に関する法令に関する法律を専門的に扱う国家資格の1つです。

業務のメインは中小企業等のために、労働・社会保険法令に基づく申請や届出の書類を作成したり、行政機関への提出を代行することです。

また、これらの書類の作成についてプロの立場としてアドバイスすることも重要な業務の一つです。

また、企業の人事や労務に関するコンサルタントとしての活躍がこれから期待されると思います。

行政書士などの資格と併せて取得すると、より効果的だと思います。

●社会保険労務士の資格(登録)がないとできない業務(独占業務

1号業務

行政機関へ提出する申請書類の作成、行政機関に提出する代行、事務代理

2号業務

事業所に備付けが義務づけられている帳簿書類(労働者名簿、賃金台帳、出勤簿)などの作成

以上のような業務の他にも企業のコンサルタントなど、業務内容は幅が広いのでやりがいのある仕事ができると思います。

独立開業するのもいいですし、企業に就職してプロの立場として業務を行うのもよいでしょう。

受験者は毎年増えており、現在では、約64000人が受験しています。そして、合格者は4700人くらいで、合格率は9パーセントくらいとなっています。

合格率だけみれば他の法律系の資格試験に比べて高いので、努力すれば合格できるのかなと思います。

社会保険労務士試験の概要

【社会保険労務士試験概要】

受験資格

受4年制大学で一般教養科目の学習を終えていること、また、62単位以上取得していること、行政書士資格を持っていることなどの受験制限があります。

大学生であれば問題ないですが、それ以外の方であれば、行政書士資格を先に取得することが一番の近道ではないかと思います。

試験内容

試験は10時30分から11時50分まで、選択式の試験。13時10分から16時40分までが、択一式の試験となります。

選択式の試験というのは、設問ごとの文章に5個くらいの空欄があり、20個の語句群より適切な語句を埋めていくというものです。
これは、全部で8問出題され、40点満点となっています。

択一式試験は5つの選択肢から正しいものや誤っているものを1つだけ選びだすという5択のマークシート試験になっています。
これは、全部で70問で70点満点となっています。

試験科目

試験科目は、労働基準法、労働安全衛生法、労働災害補償保険法、雇用保険法、労働保険徴収法、健康保険法、厚生年金法、国民年金法、その他労働に関する一般常識、社会保険に関する一般常識、です。

合格基準

合格の基準はだいたい選択式試験が28点以上、択一式の試験が44点以上くらいとなっています。

申込み期間

毎年、4月の終りごろから5月の末くらいまで受験の申し込みを受け付けています。

試験日

8月の中ごろに試験が行われます。

合格発表日

例年11月の中頃にあります。

〜平成19年度社会保険労務士試験合格者データ〜

受験申込者数 受験者数 受験率 合格者数 合格率

58,542人

(59,839人)

対前年比2,2%減

45,221人

(46,016人)

対前年比1,7%減

77,2%

(76,9%)

4,801人

(3,925人)

10.6%

(8.5%)

※()内は前年の数字

参照:社会保険労務士試験センター

社会保険労務士試験おすすめのスクール

社会保険労務士試験に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

社会保険労務士試験おすすめのスクール!

ユーキャン資料請求

ユーキャン

テレビのCMや雑誌でよく見ると思いますが、資格取得のための通信講座を他のスクールより安く提供している通信講座の大手です。スクールに通う時間が無い社会人や主婦には自宅で学習できるユーキャンが特におすすめです。

無料資料請求はこちら

TAC資料請求・体験レッスン

TAC

東証1部上場の大手資格スクール。全国各地の一等地に校舎があって通いやすいので通学ならTACがおすすめです。Wセミナーを買収した事で、法律系の資格講座も強くなりました。

無料の資料請求はこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る