建築設備検査資格者試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

建築設備検査資格者試験について

建築設備検査資格者試験とは、公共性の高い建物の安全管理を行うエキスパートである、建築設備検査資格者になるための試験です。

ホテル・デパート・病院・劇場・マンションなど、大衆が利用する公共性の高い建物では、利用者の安全を図るため、建築基準法によって建築設備の定期的な検査が義務付けられています。

それだけ、多数の人の生命・身体の安全を守る義務を負っているために、資格取得には、専門的な知識と実務経験が必要となり、国土交通大臣の指定を受けた講習を修了しなければならなりません。

公共性の高い建物の数は年々増加してきており、その分多数の人の生命・身体の危険が増加してきています。それらの建物の安全管理を行うエキスパートになるための国家資格です。

建築設備検査資格者試験の概要

【建築設備検査資格者試験概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

1、大学卒業後、2年以上の実務経験

2、修業年限3年の短期大学卒業後、3年以上の実務経験

3、短期大学、高等専門学校卒業後、4年以上の実務経験

4、高等学校を卒業後、7年以上の実務経験

5、実務経験のみ11年以上

6、建築設備に関する建築行政の実務経験2年以上

7、一・二級建築士、建築基準適合判定資格者、建築設備士の有資格者

※1〜4に関しては、建築学、機械工学、電気工学に関する課程を修めて各学校を卒業していることが必要となります。

試験内容

筆記試験によって実施されています。

試験科目

講習を受講して、その後の修了考査に合格すると建築設備検査資格者となることができます。

試験科目は以下のとおりです。

建築設備定期検査制度総論、建築設備に関する建築基準法令等

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

例年6〜7月

試験日

例年以下の期日に実施されています。

10月〜11月くらいの4日間

受験料

48,000円(テキスト代、受講料込み)

参照:財団法人日本建築設備・昇降機センター

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る