建築士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

建築士について

次回の試験日は《2017年7月23日 (予想)》です。残り185日です。

建築士は建築物の設計などを行うための国家資格ですが、建築士と言っても一級建築士、木造建築士、二級建築士の3種類があります。

建築士は、大都市のインテリジェントビル、最近流行りのデザイナーズマンション、郊外の一戸建ての住宅まで、あらゆる建築物の設計などをするのが主な仕事です。

建築物が十分な機能と耐久性・安全性をもつように設計する必要があり、高度な専門知識と技術が要求されることになります。

また、他にも工事の管理まで一括して行うこともあります。

科学に裏づけされた、合理的な設計と、快適さ、ファッション性、オリジナリティーも同時に要求される仕事なので、豊かな感性も要求されます。

人が住む建築物に携わるという仕事ですので、高度な安全性を確保する必要があり、高い倫理観も要求される非常にやりがいのある仕事です。

建築士の仕事をするためには必ず建築士の国家資格が必要となり、建築士は建設業界でトップランクに位置付けられている資格です。

なお平成20年に建築士法が改正され、受験資格がより厳しくなりました。学校に卒業した年度が平成20年度以前か以後かで受験資格が異なりますので注意が必要です。

受験資格の変更が影響しているのかもしれませんが、最近は大幅に受験者数が減少傾向になっています。

建築士の概要

【建築士概要】

受験資格

以下のような受験資格が必要です。

平成20年に建築士法が改正され受験資格の学歴要件と実務経験要件がより厳しく変更されました。学校に入学した年度によって受験資格が変わりますので注意が必要です。

平成21年度以降の入学者に適用される学歴要件と実務経験要件

【一級建築士】

  1. 大学(短期大学を除く)、防衛大学校、職業能力開発総合大学校(長期課程又は応用課程の卒業者に限る)、高等専門学校 (本科+専攻科)、職業能力開発大学校(応用課程の卒業者に限る)を卒業した場合。国土交通大臣が定める指定の科目を取得した単位数によってそれぞれ実務経験年数が異なります。60単位以上は2年以上の実務経験、50単位以上は3年以上の実務経験、40単位以上は4年以上の実務経験が必要。
  2. 短期大学(修業年限が3年であるものに限る)を卒業した場合。国土交通大臣が定める指定の科目を取得した単位数によってそれぞれ実務経験年数が異なります。50単位以上は3年以上の実務経験、40単位以上43年以上の実務経験が必要。
  3. 短期大学、高等専門学校(本科)、職業能力開発総合大学校(専門課程のみの卒業者)、職業能力開発大学校(専門課程のみの卒業者)、職業能力開発短期大学校を卒業した場合、国土交通大臣が指定する科目を40単位以上取得した後、4年以上の実務経験が必要。

【二級建築士、木造建築士】

平成21年度以降の入学者に適用される建築士試験の新しい受験資格

平成20年度以前の入学者に適用される学歴要件と実務経験要件(旧建築士法第15条)

【一級建築士】

  1. 大学の建築または土木学科を卒業し、建築に関する実務経験が2年以上ある者。
  2. 2年制短期大学・高専の建築または土木学科を卒業し、建築に関する実務経験が4年以上の者。
  3. 二級建築士の資格を取得後、建築に関する実務経験が4年以上の者。

【二級建築士、木造建築士】

  • 大学(旧制大学、短期大学を含む)又は高等専門学校(旧制専門学校を含む)で建築の課程を修めて卒業した者。
  • 大学(旧制大学、短期大学を含む)又は高等専門学校(旧制専門学校を含む)で土木の課程を修めて卒業し、卒業後に建築に関する実務経験が1年以上ある者。
  • 高校の建築または土木学科を卒業し、卒業後に建築に関する実務経験3年以上の者。
  • その他都道府県知事が特に認める者で、所定の年数以上の建築に関する実務経験を有する者
  • 学歴に関係なく建築に関する実務経験7年以上の者。
  • 試験内容

    試験は学科試験と、設計・製図について行われます。

    学科試験は5択のマークシート方式です。

    試験科目

    建築計画・建築法規・建築構造・建築施工など。

    設計製図に関しては、事前に課題が公表されます。

    試験日

    〜一級建築士〜

    学科試験:例年7月実施
    設計・製図試験:例年10月実施

    〜二級建築士〜

    学科試験:例年7月実施
    設計・製図試験:例年9月実施

    〜木造建築士〜

    学科試験:例年7月実施
    設計・製図試験:例年10月実施

    試験地

    全国の都道府県で実施されています。

    受験料
    【一級建築士】
    19,700円
    【二級建築士】
    16,900円
    【木造建築士】
    16,900円

    〜平成27年度建築士試験の受験者数、合格者数、合格率の結果〜

    資格の種類 試験の種類

    受験者数

    合格者数 合格率
    1級建築士試験 学科試験

    28,804人

    4,806人 18.6%
    設計・製図試験 9,308人 3,774人 40.5%
    総合 - - 12.4%
    2級建築士試験 学科試験

    19,940人

    5,996人 30.1%
    設計・製図試験 9,456人 5,103人 54.0%
    総合 23,680人 5,103人 21.5%

    参照:財団法人建築技術普及センター

    建築士おすすめのスクール

    建築士に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

    建築士試験おすすめのスクール!
    ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

    ケイコとマナブ

    約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
    無料の資料請求や体験レッスンはこちら

    このページを見ている人はこんなページも見ています。

    建築士おすすめのテキスト・問題集

    建築士に合格するために役に立つおすすめのテキストや問題集を紹介しています。

    1. こんなにおもしろい 建築士の仕事
    2. これからの建築士 職能を拡げる17の取り組み
    3. 一級建築士受験 合格者たちの勉強法

    あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

    質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

    自分の将来が不安で迷っている人。

    何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

    簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

    今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

    ページの上に戻る