給与計算検定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

給与計算検定(※廃止)について

給与計算検定(※廃止)のイメージ画像

給与計算検定の社会的評価が高まっていくかはこれからの結果次第です。まだ、未知数の検定試験ですが持っていると就職・転職に多少は有利に働くでしょう。

給与計算検定は、複雑で計算も大変な従業員への給与支払いのための計算を学ぶ事ができる検定です。

簿記などの会計資格の1つであり、民間資格に位置づけられる検定試験です。

一般の会社では、人事部、総務部、経理部などが給与計算や給与明細書の作成を担当している事が多く、それだけで1つの仕事として成り立つほどの大変な作業となっています。

小さな中小零細企業の場合には、そのような担当部署がなく、給与計算をする事ができる人間がいなくて困るという事が多々あります。

したがって、給与計算の知識が豊富で正確な給料計算ができるとアピールする事ができれば就職・転職に有利になるでしょう。

OLなどの事務の仕事に就きたい人や会計や経理の仕事に興味のある人には、客観的に給料計算能力をアピールできるので多少は役に立つと思われます。

ただし、この給与計算検定は2012年から実施されている歴史の浅い検定ですし、今後どうなるかは未知数です。

まだまだ世間の認知度も低く社会的な評価もない民間資格の1つにすぎませんので、できれば簿記などの既に高い社会的認知度、社会的評価を得ている資格も併せて取得しておく事をおすすめします。

※この給与計算検定は、2013年くらいに廃止になりました。2012年から2013年くらいにかけて実施されていた検定試験です。

給与計算検定(※廃止)の概要

【給与計算検定(※廃止)概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験する事ができます。

レベル

【1級】

労務に精通し賃金規定作成・変更も含めあらゆる周辺業務をこなすことができる給与制度を会社に提案する事ができる。

【2級】

社会保険や税務等付随する手続きを行う事ができる。(労働保険年度更新、社会保険定時決定手続き、年末調整等)

【3級】

基本的な給与明細であれば実際に作成することができる。

【4級】

給与計算のベースとなる基本的な知識を持っている。

試験内容

筆記試験によって実施されています。

試験時間は各級ともに60分となっています。

試験日

年に2回(6月と11月)に実施されています。

試験地

4級はオンラインでいつでもどこでも受験する事ができます。

1級、2級、3級は東京で実施されています。

受験料

1級:未定

2級:3,500円

3級:3,000円

4級:無料

問合せ先

給与計算検定協会
〒103-0013
東京都中央区日本橋堀留町1−8−156階

参照:給与計算検定協会公式サイト(※廃止)

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る