情報処理技能検定試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

情報処理技能検定試験について

情報処理技能検定は、少し特殊な資格で、一般の人は受験することができず、全国ビジネス学校連盟会員校などだけが受験することができます。

試験の内容は、基本情報技術者などの全般的なIT知識に関するものが出題されています。

1級、2級、3級のレベルがあり、1級は、基本情報技術者と同等のレベルに相当するとされています。

就職のために、一定の評価を受ける資格だとは思いますが、閉鎖的な資格ですので、国家資格である基本情報技術者などの資格と比較すれば、資格としての価値は一般的には低いと考えることができるでしょう。

受験資格のある人は、積極的に取得しておきたい資格です。

情報処理技能検定試験の概要

【情報処理技能検定試験概要】

受験資格

以下のような受験制限がありあます。

全国ビジネス学校連盟会員校の在校生・卒業生、または、校長および講師の推薦を受けた者のみが受験できます。

試験科目

〜1級〜

プログラミング言語(C・VBのうち選択):40分
関連知識:20分

〜2級〜

ソフトウェア:20分
通信ネットワーク:20分
システム設計の知識:20分

〜3級〜

ハードウェア:20分
ソフトウェア:20分
EUCの知識:20分

合格基準

各科目とも100点満点中、70点以上で合格となります。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

9月と2月の年2回。

参照:全国ビジネス学校連盟

情報処理技能検定試験についてのコメント

情報処理技能検定試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

情報処理技能検定試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る