福祉情報技術コーディネーター認定試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

資格一覧へ戻る > 公的資格一覧 > 介護/福祉系資格一覧 > は行資格一覧 > 福祉情報技術コーディネーター認定試験

福祉情報技術コーディネーター認定試験について

福祉情報技術コーディネーター認定試験は、MOSなどの通常のパソコンスキルを計る資格とな異なり、障害者や高齢者の方々が、自立的にコンピュータ操作ができるようにサポートする指導者としての能力を有するかどうかを計る認定試験です。

コンピュータを使いこなす技術を身につけることにより、情報処理などのあらゆる作業が可能になり、障害者や高齢者の自立が促進されます。

これからの高齢化社会においては、障害者や高齢者の方々が、コンピュータを使えるようにサポートすることは非常に重要な仕事であり、重要も増えてくることが予想されます。

コンピュータスキルを活かしつつ、福祉の仕事に携わりたい方におすすめの資格です。

福祉情報技術コーディネーター認定試験の概要

【福祉情報技術コーディネーター認定試験概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

申込時に18歳以上であること。

試験内容

各級ともに、筆記試験で実施され、支援技術、障害教養総論、小論文が出題されます。

〜1級〜

制限時間:120分

〜2級〜

制限時間:90分

〜3級〜

制限時間:60分

合格基準

各級ともに、80%以上の正答率で合格となります。

申込み期間

例年、以下の期日に受付されています。

5月〜6月と11月〜12月の年2回。

試験日

例年以下の期日に実施されています。

7月と1月の年2回。

受験料

〜1級〜

10,500円

〜2級〜

8,400円

〜3級〜

5,250円

参照:財団法人全日本情報学習振興協会(福祉情報技術コーディネーター認定試験)

福祉情報技術コーディネーター認定試験についてのコメント

福祉情報技術コーディネーター認定試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

福祉情報技術コーディネーター認定試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 公的資格一覧 > 介護/福祉系資格一覧 > は行資格一覧 > 福祉情報技術コーディネーター認定試験

ページの上に戻る