土地家屋調査士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

土地家屋調査士試験について

次回の試験日は《2017年8月20日 (予想)》です。残り114日です。

土地家屋調査士は、専門性を活かして独立開業が可能な資格です。

不動産の「表示登記」に関する全ての業務を行う土地のプロフェッショナルであり、司法書士が行う「権利登記」と合わせて登記手続きを専門に扱う資格です。

表示登記は、土地や建物がどこにあるのか、大きさはどれくらいなのか、という不動産取引をする際に非常に重要な要素を示すものであり、とても重要な役割を果たしている登記です。

ですから、土地家屋調査士は実際に現場に赴き測量をすることも必要ですし、最低限の法律を知っている必要もあります。

なお、測量士補を持っていると、午後の試験が免除になるので、測量士補を取得しておくと非常に有利に試験を受けることができます。

測量士補の資格を取得してから、土地家屋調査士試験を受けるという方がほとんどのようです。ですから、土地家屋調査士の資格を取得しようとするのであれば、測量士補の資格を取得するための勉強も同時並行で進めることを強くおすすめします。

土地家屋調査士試験の概要

【土地家屋調査士試験概要】

受験資格

受験資格は、特にありません。誰でも受験することができます。

なお、測量士、測量士補、1級建築士、2級建築士の資格を有している者は、申請することによって午後の試験が免除されます。

試験内容

午前の部:多肢選択のマークシートによって実施。

午後の部:多肢選択のマークシートと、記述式試験で実施されます。

試験科目

民法や登記の申請に関する手続きについての知識、平面測量や作図などが出題されます。

申込み期間

例年6月の上旬から受付が開始されます。

参考として、平成20年度の試験は以下のとおりとなっております。

6月2日(金)から6月13日(月)まで。

試験日

例年8月の下旬に実施されます。

参考として、平成20年度は以下のとおりです。

8月24日(日)に実施。

午前:9時30分から12時

午後:13時30分から15時30分まで。

受験料

7,200円

参照:法務省土地家屋調査士試験

土地家屋調査士試験についてのコメント

土地家屋調査士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

土地家屋調査士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

土地家屋調査士試験おすすめのスクール

土地家屋調査士試験に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

土地家屋調査士試験おすすめの予備校!

資格のLECのオンライン講座一覧!

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドは、通称レックと呼ばれている資格スクールです。大手資格予備校の中でも歴史と実績のある信頼できる資格の学校です。
資料請求はこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る