大家検定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

大家検定について

大家検定とは、不動産賃貸経営の実務者であるオーナーのための資格制度であり、不動産賃貸経営の知識を有するかどうかを試すための試験です。

宅建などの他の不動産系資格は、不動産業者としての専門性を高めるための資格制度であるのと異なり、この大家検定は、不動産投資などをしている不動産オーナーのための実践的な知識を高めるための資格です。

また、建築不動産業界においても、オーナーと共通の知識を有し、協力関係を築くことが重要であるので、この大家検定を取得することで、建築不動産業界においても即戦力となることができるでしょう。

なお、大家検定は、2級、1級、マスターという3段階のレベルが設定されています。

〜大家検定の3段階レベル〜

大家検定 3ステップ イメージ

大家検定の概要

【大家検定概要】

受験資格

2級は受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

全国の認定講座を履修すると、5問の免除があります。

ただし上位のレベルを受験するには、下位のレベルに合格している必要があります。

試験内容

問題は、四肢択一で50問出題されます。

試験科目

出題範囲は、総論、不動産投資、税務、ファイナンス、建築、賃貸管理運営、企画コンサルティングとなっています。

合格基準

1級、2級ともに70%以上の正答率で合格です。

試験日

全国20か所以上のパソコン教室で、毎日受験することができます。

合格発表日

即日合否の判定がなされますので、迅速に受験して実力を試すことができます。

受験料

2級:7350円(税込)

1級:8400円(税込)

参照:一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC)

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る