鮮魚士の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

鮮魚士について

わが国の動物性蛋白質の供給源として、国民の健康を支えてきたのが新鮮な魚介類を提供する鮮魚部門です。

鮮魚士は、鮮魚部門の業務に携わるのに必要な鮮魚管理、品揃え・販売・接客・衛生・加工などの知識と技術を向上させることを目的に運営されている民間資格です。

またスーパーマーケットなどの鮮魚部門担当者が業務上必要とされる専門知識があることを証明する資格でもあり、鮮魚部門担当者を育成するために利用されている資格でもあります。

近年、諸外国でも健康志向が流行しており、食生活改善の一環として「シーフード」が見直されています。

鮮魚士は、シーフードインストラクターとして今後の大きな成長が見込めるおもしろい資格です。

【取得方法】

厚生労働大臣指定の通信講座を修了後、検定試験に合格する必要がある。

鮮魚士の概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

3級:経験1年以上

2級:3年以上の部門のチーフ

1級:入社5年以上

試験内容

学科・実技・面接で実施されています。

試験日

受講期間が4ヵ月・6ヵ月・8ヵ月の3つのコースがあります。

受験料

36,750円

問合せ先

日本調理師協会
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2丁目14番2号 原田ビル11F
℡:03(3205)2235

参照:日本調理師協会

鮮魚士についてのコメント

鮮魚士について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

鮮魚士に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

鮮魚士おすすめのスクール

鮮魚士に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

鮮魚士おすすめのスクール!
ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

ケイコとマナブ

約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
無料の資料請求や体験レッスンはこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

鮮魚士おすすめのテキスト・問題集

鮮魚士に合格するために役に立つおすすめのテキストや問題集を紹介しています。

  1. すぐ分かるSM鮮魚の仕事ハンドブック
  2. 包丁入門: 研ぎと砥石の基本
  3. 食品商業2015年7月号 (生鮮・惣菜! 専門店の“売り方”に学ぶ)

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る