製菓衛生師の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

製菓衛生師について

製菓衛生師試験とは、菓子の製造の技術、技能に関する最低限の能力を有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。

食品の偽装事件などの発生により、。現代はおいしさだけでなく、安全性の高い食品が求められる時代ということができます。

製菓衛生師の資格は、菓子製造業者の資質と公衆衛生の向上を目的としている資格で、一般に広く知れ渡っている調理系の資格の一つです。

製菓衛生師の資格がないと菓子が製造できないというわけではありませんが、免許を取得することで信用度は高まるでしょうし、高い技術と知識を身につけることができるでしょう。

【資格取得の流れ】

製菓衛生師試験は、厚生労働大臣が定める基準にもとづき、製菓衛生師となるのに必要な知識について、都道府県知事が行う。合格者は製菓衛生師名簿に登録され、免許証の交付を受ける。

製菓衛生師の概要

【製菓衛生師概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

1、厚生労働大臣が指定した製菓衛生師養成施設で1年以上製菓衛生師として必要な知識、技能を修得した者(製菓衛生師養成施設は北海道、東京、京都、大阪、兵庫、岡山、佐賀、大分など60カ所に設置)

2、中学校を卒業した者で、2年以上菓子製造業に従事した者。(菓子製造業とは製造施設を設け、パン・菓子を製造する営業をいい、パン・菓子を販売する営業または行商は含まれない)

試験内容

書類審査後、6科目60問について、筆記試験を行う試験科目は以下のとおりです。

1、衛生法規
2、公衆衛生学
3、栄養学
4、食品学
5、食品衛生学
6、製菓理論および製菓実技

※製菓実技は和菓子・洋菓子・製パンの3分野が出題され、そのうち1分野を選択する。

試験日

各都道府県によって異なりますので、各自お問い合わせください。

受験料

各都道府県によって異なりますので、各自お問い合わせください。

参照:大阪府製菓衛生師試験

製菓衛生師についてのコメント

製菓衛生師について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

製菓衛生師に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る