フードアナリスト検定試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

フードアナリスト検定について

フードアナリストとは、食や食文化を体系的に学び、単に味覚だけでなく、レストランの内装・サービスや料理の歴史・レストランの法律・経営まで、総合的に段階的に学び、レストランそのものから食品・食材を分析・評価する知識と教養を身につけた、食・食空間を分析・評価する専門家です。

フードアナリストになるには、フードアナリスト協会の実施するカリキュラムを修了するか、またはフードアナリスト検定試験に合格する必要があります。

フードアナリストの資格を取得した後は、フードアナリストを名乗ることができ、本人の能力次第で活躍の場が広がることでしょう

例えば、飲食店のサービス改善のために覆面調査員としての調査を依頼されたりすることがあるようです。

フードアナリスト検定の概要

受験資格

食文化に興味がある18歳以上の者。

※20歳未満の方は、親権者の承諾が必要です。初めて受験される方は4級から受験となります。

試験内容

フードアナリスト検定試験では、食・食文化に関する問題が出題されます。

4級:4択式で50問(教本・問題集・カリキュラムに準拠 )

2級:4択式で60問(筆記20問 教本・問題集・カリキュラムに準拠)

試験科目

4級:日本料理、郷土料理、各国料理について、個別の食品・食材、穀類、豆類、果実類、キノコ類、肉類、魚介類、アルコール飲料・日本酒 ワイン ウィスキー・珈琲 紅茶 緑茶、食に関する名言 格言 小説に出てくる料理など、洋菓子・世界のパンの歴史と種類、レストラン・飲食店の格付け機関 レストランでの英会話・食に関する英単語・漢字、テーブルマナーと箸づかい、など食・食空間に関する問題が出題されます。

3級: 食育、食空間コミュニケーション、ホスピタリティ、食と栄養、ワインとチーズ、ヨーロッパ菓子、食と芸術・文化、インテリアとテーブルデザイン、日本の伝統と食文化、地球環境と食。

2級:アジアの食事情、食空間コミュニケーション(第1節 中国語の基礎) 、中国語のレストランでの会話、メニュー・食材の中国語、中国茶・日本茶・紅茶、コミュニケーションの基礎、文章表現の基礎、取材の仕方、プレゼンテーション、アジアの食器、日本の調理法・調理用語、漢方と薬膳、調味料と香辛料、日本の伝統食文化、日本各地の名産品、日本とアジアの銘酒、有名店の歴史と特徴、マーケティングとレストラン経営、食空間の法律。

※3級、2級、1級は養成講座または通信教育の終了が必要 です。

検定試験以外の資格取得方法として養成講座の受講、通信教育の受講がある。

合格基準

予想合格率:60%

ちなみに、正答率70%以上で合格となります。

申込み期間

試験実施月2ケ月前から約2カ月前くらい。

試験日

例年、以下の期日に年2回実施されています。

2月、5月、8月、10月。

※2011年より2月、5月、8月、11月に変更。

受験料

4級:7,000円

参照:日本フードアナリスト協会

フードアナリスト検定についてのコメント

フードアナリスト検定について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

フードアナリスト検定に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る