自家用操縦士(飛行機・回転翼)の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

自家用操縦士(飛行機・回転翼)について

自家用操縦士(飛行機・回転翼)とは、レジャーへの関心は変わらず高いものがあり、自家用飛行機をもちたいと願う人が増えておりその要望にこたえるべく設立された国家資格です。

趣味とはいえ、航空法規や無線機の取扱いなど様々な規制がなされていますので、高度な知識とスキルが要求されます。

また、狭い場所でも離着陸可能なヘリコプター(回転翼)は、資格を取得すれば単独飛行が楽しめるため人気が高い資格となっています。

自家用操縦士(飛行機・回転翼)の概要

【自家用操縦士(飛行機・回転翼)概要】

受験資格

それぞれ以下のような受験制限があります。

〜自家用操縦士・飛行機〜

17歳以上で、10時間以上の単独飛行や、夜間における離着陸および航法の実施を含む20時間以上の同乗教育飛行などを含む、40時間以上の飛行時間を有する者。

〜自家用操縦士・回転翼〜

17歳以上で、回転翼航空機による夜間における離着陸および航法の実施を含む20時間以上の同乗飛行や、オートロテイションによる着陸などを含む、40時間以上の飛行の経験を有する者。

試験内容

〜飛行機〜

学科:

1、航空工学(飛行理論に関する一般知識、積載および重量配分の基本原則並びにその飛行に及ぼす影響 ほか)
2、航空気象(簡単な概略)  
3、空中航法(地文航法および推測航法概要)
4、航空通信(概略)
5、航空法規(国内航空法規、国際航空法規概要)

実地:

1、運航に必要な知識
2、飛行前作業
3、飛行場および場周経路における運航
4、各種離着陸並びに着陸復行および離陸中止
5、基本的な計器による飛行 ほか

〜回転翼〜

学科:

1、航空工学(飛行理論に関する一般知識、積載および重量配分の基本原則並びにその飛行に及ぼす影響 ほか)
2、航空気象(簡単な概略)  
3、空中航法(地文航法および推測航法概要)
4、航空通信(概略)
5、航空法規(国内航空法規、国際航空法規概要)

実地:

1、運航に必要な知識
2、飛行前作業
3、地表付近における操作
4、野外飛行 ほか

※実地の期日・場所等は、学科合格者に別途通知されます。

申込み期間

【申込方法】

技能証明申請書や受験申込書など必要書類を揃え、次へ提出する。

東京航空局保安部運用課検査乗員係(〒102-0074東京都千代田区九段南1-1-15九段第2合同庁舎):千葉、岩沼、東京を受験地とする者

大阪航空局保安部運用課検査乗員係(〒540-8559大阪市中央区大手前4-1-76大阪合同庁舎4号館):名古屋、大阪、福岡、宮崎、那覇を受験地とする者

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

年3回:8月、11月、3月(詳細については官報で公示)

受験料

学科:5,600円

実地:46,400円

登録免許税:3,000円

参照:国土交通省航空局技術部乗員課検定係

自家用操縦士(飛行機・回転翼)についてのコメント

自家用操縦士(飛行機・回転翼)について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

自家用操縦士(飛行機・回転翼)に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る