自動車検査員の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

自動車検査員について

自動車検査員とは、自動車の整備などに関する知識などを有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。

地方運輸局長の指定を受けた指定自動車整備事業場(通称「指定整備工場」)で、整備が完了した車が道路運送車両の保安基準に適合しているかどうかを検査するのがおもな職務。

豊かな実務経験と事業主の推薦が必要な、自動車整備士がめざす好個な資格。

【職務内容】

指定整備工場は、一般に民間車検場とも呼ばれ、国が行う検査の一部を代行している。

指定整備工場の指定を受けるには、施設、工員、自動車整備士および自動車検査員の選任など、一定の基準を満たしていなければならない。

自動車検査員は、その指定整備工場の検査部門の責任者であり、整備完了車について道路運送車両法の保安基準にもとづいて検査し適合している場合、保安基準適合証にその旨証明を行い、指定整備記録簿の記載、処理等重要な業務を行う。

検査員の社内での地位は、このような重責を負うことから、給与面でも一般の工員よりはるかによく、その使命と社会的地位は高い。

自動車検査員の概要

【自動車検査員概要】

受験資格

国の検査業務を行う自動車検査官と同等の知識と技能が要求され、次のいずれかに該当する者でなければならない。

1、整備主任者として1年以上の実務経験があり、地方運輸局長が行う自動車の検査に必要な知識と技能についての教習を修了した者

2、自動車検査官の経験がある者

3、軽自動車検査協会で軽自動車検査員の経験がある者

なお、整備主任者として適切に業務を行っていなかったものは自動車検査員となることはできない。

※自動車検査員教習は地方運輸局長の指定する機関が行う。詳細は各地方運輸局整備部整備課に問い合わせてください。

申込み期間

教習実施機関によって異なりますので、各自で調べてみてください。

【申込方法】

受講申請書(2部)と写真を提出する。その際、整備主任者として1年以上実務経験のあることを証明する書面(整備士手帳または整備主任届出書)を持参し、窓口で確認を受ける。

試験日

不定期で開催されていますので、各自で調べてみてください。

受験料

教習実施機関によって異なりますので、各自で調べてみてください。

参照:国土交通省

自動車検査員についてのコメント

自動車検査員について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

自動車検査員に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る