中古自動車査定士の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

中古自動車査定士について

中古自動車査定士とは、自転車の査定などに関する知識などを有するかどうかを試すための資格試験で、民間資格とされています。

ユーザーが車を手放すときの価格評価と、ディーラーが中古車を仕入れる場合の下取価格を算出する、非常に重要な業務を担当する。

どちらも損をしないように、また、どこで査定しても同じ程度の価格が出るように、経済産業省・国土交通省が指導している全国的に統一した制度である。

中古自動車査定士の概要

【中古自動車査定士概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

中古自動車査定士には、小型車査定士と大型車査定士の2種類があります。

小型車査定士

1、普通第1種運転免許以上を所持する者

2、自動車の販売もしくは整備の経験が1年以上ある者

3、協会所定の研修を修了した者

大型車査定士

1、大型第1種運転免許以上を所持する者

2、自動車の販売もしくは整備の経験が1年以上ある者

3、協会所定の研修を修了した者

試験内容

学科

1、中古自動車査定制度
2、中古自動車査定基準、同細則および加減点基準
3、自動車の構造、機能および取り扱い
4、保安基準、その他自動車に関する法規
5、その他査定に関する事項

実技

査定の実技(想定された車両について、文章と略図を使って車両の部位と状態を示し、個別査定する)

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

4月上旬〜下旬

【申し込み方法】

下記協会本部または支所まで問い合わせること。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

小型車:6月の第3日曜日と12月の第2水曜日

大型車:6月の第3水曜日

受験料

小型車:16,800円

大型車:17,588円

小型・大型車:同時受験者31,553円 (各研修受講料・教材費、税込)

参照:(財)日本自動車査定協会

中古自動車査定士についてのコメント

中古自動車査定士について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

中古自動車査定士に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る