航空工場検査員の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

航空工場検査員について

航空工場検査員とは、事故を未然に防ぐために工場において重要な整備・点検を行うのを主な業務とする者をいう。

航空機の製造や修理の確認、航空機用機器の製造証明書等は、航空工場検査員国家試験合格者の中から事業者が選任した航空検査技術者が行うことになっている。

また経済産業大臣は、この試験合格者を航空機製造事業法に規定する検査等の事務に従事させることができる。

航空業務に携わるためには取得しておきたい国家資格である。

航空工場検査員の概要

【航空工場検査員概要】

受験資格

受験制限は、特にありません。

誰でも受験することができます。

試験内容

航空機および機器別による次の13の試験区分がある。

【航空機】        【航空機用原動機】
【航空機用プロペラ】   【回転翼】
【降着装置】       【発電機】
【空気調和装置用機器】  【飛行指示制御装置】
【統合表示装置】     【航法用電子計算機】
【レーザージャイロ装置】 【回転翼航空機用トランスミッション】
【ガスタービン発動機制御装置】

※以下のように試験科目の免除制度がある。

1、各試験区分には4〜7科目あるが、一度に全部合格しなくても、3年間に限り合格科目は免除される。

2、大学・短大・高専等で、航空力学、機械・精密工学、電気・電子工学、計測・応用物理学の課程を修めた卒業者は、申請により科目の一部免除がある。

申込み期間

【申し込み期間】

7月中旬頃。

【申込方法】

指定の受験願書に必要事項を記入し、写真2枚および受験料分の収入印紙を添えて申し込むこと。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

10月中の2日間のうち指定された日

受験料

8,000円

参照:経済産業省

航空工場検査員についてのコメント

航空工場検査員について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

航空工場検査員に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る