航空機関士の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

航空機関士について

航空機関士とは、飛行中の燃料などの管理や計器の機能チェック、故障の際の緊急処置など、安全確保に携わる者で、別名フライトエンジニアという。

航空機の種類により、航空機関士の同乗が義務づけられ、機長、副操縦士と合わせて3名で運航しなければならない。

この航空機関士の資格は、飛行機に興味がある人や、航空業務に携わろうと思っている人に必ず取得しておいてほしい国家資格です。

航空機関士の概要

【航空機関士概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

18歳以上で100時間以上、航空機関士を必要とする航空機に同乗して、航空機関士としての業務について実地練習を行った経験を有する者。

試験内容

〜学科〜

1、飛行および航空力学の理論ならびに航空機の重心位置の計算に関する知識。
2、航空機の機体の強度、構造、性能および整備に関する知識。
3、航空機用発動機、発動機補機、プロペラおよびプロペラ調速器の構造、性能および整備に関する知識ならびに、航空燃料および潤滑油に関する知識。
4、航空機装備品の構造、性能および整備に関する知識。
5、飛行中における発動機、プロペラおよび装備品の制御に関する知識。
6、航法
7、航空気象(簡略な概要)
8、航空通信(概要)
9、航空法規

〜実地〜

1、機体および発動機、プロペラその他の装備品の取扱いおよび検査の方法。
2、航空機の搭載重量の配分および重心位置の計算。
3、気象条件または発動機の部分的故障の際にとるべき処置。
4、航空機の故障または発動機の部分的故障の際にとるべき処置。

※実地の期日・場所等は、学科合格者に別途通知されます。

申込み期間

【申込方法】

技能証明申請書や受験申込書など必要書類を揃え、次へ提出する。

東京航空局保安部運用課検査乗員係(〒102-0074東京都千代田区九段南1-1-15九段第2合同庁舎):東京を受験地とする者。

大阪航空局保安部運用課検査乗員係(〒540-8559大阪市中央区大手前4-1-76大阪合同庁舎4号館):大阪、那覇を受験地とする者。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

年2回:8月、3月(詳細については官報で公示)

受験料

学科:5,600円

実地:52,300円

登録免許税:12,000円

参照:国土交通省航空局技術部乗員課検定係

航空機関士についてのコメント

航空機関士について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

航空機関士に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る