スポーツプログラマー試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

スポーツプログラマー試験について

スポーツプログラマーとは、適切なスポーツができるように、指導や助言等を行うことを専門とするスポーツ指導者になるための公的な資格です。

最近の健康ブームにより、スポーツに興味を持たれる人が増加しており、スポーツ人口は増加しております。

スポーツプログラマーは、各地域などにおいて、スポーツをする人たちに、事故の起きないように適切な指導・助言を行うことが主な業務になります。

主として青年期以降の全ての人に対し、地域スポーツクラブなどにおいて、フィットネスの維持や向上のための指導・助言を行うことになります。

文部科学大臣が認定する公的な資格ですので、価値の高い資格といえるでしょう。

スポーツに興味のある方、スポーツが好きな方に>おすすめの資格です。

スポーツプログラマー試験の概要

【スポーツプログラマー試験概要】

受験資格

受講する年の4月1日現在 満20歳以上の者という制限があります。

試験内容

参考として、平成20年から21年の予定を掲載しています。

共通科目:日本体育協会において計画、実施されます。

共通I+II集合講習会場:2会場

東京会場: 平成20年10月15日(水)〜10月19日(日)5日間
岸記念体育会館
京都会場: 平成20年11月6日(木)〜10日(月)5日間
京都府スポーツセンター

専門科目:日本体育施設協会において計画、実施されます。

集合講習会場

前期/平成20年9月8日(月)〜11日(木)4日間
後期/平成21年1月19日(月)〜23日(金)5日間
国立オリンピック記念青少年総合センター
国立競技場、トレーニングセンター、プール

【受講有効期間】

受講開始年度を含め4年間。

試験科目

スポーツ社会学、スポーツ心理学、体力診断の理論などが出題されます。

共通科目と専門科目があります。

合格基準

共通科目:筆記試験を行い、原則として満点の6割以上を合格とする。

専門科目:筆記試験を行い、原則として満点の6割以上を合格とする。

申込み期間

例年3月下旬から4月上旬くらいまで。

参考として、平成20年度は、3月7日(金)〜4月3日(木)でした。

受験料

共通科目:21,000円(共通科目I免除者は、16,800円)

専門科目:52,500円

【資格登録料】

4年間:20,000円(初回登録時のみプラス3,000円)

※毎年、定員を超える受講申込みがあります。定員になり次第、締め切りますので、お早めにお申込みください。

参照:(財)日本体育協会

このページを見ている人はこんなページも見ています。

スポーツプログラマー試験についてのコメント

スポーツプログラマー試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

スポーツプログラマー試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る