スクーバダイビングの解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

スクーバダイビングについて

スクーバダイビングとは、名前のとおり、海に潜って魚などを鑑賞するスクーバダイビングを楽しむための試験で、民間資格とされています。

水中では、激しい動きをしないのがスクーバダイビングの基本とされていますので、年齢など体力をそれほど気にすることなく楽しむことができます。

また、競泳ではないので、タイムや距離などとは、無関係に楽しむことができます。

講習で、正しい知識とテクニックを学び、ダイバーの証であるPADI・Cカードを取得すれば、水中世界への第一歩が踏み出せることでしょう。

スクーバダイビングの概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

10歳以上なら、誰でも受講できる。

試験内容

初心者対象の「オープン・ウォーター・ダイバー」で、 Cカード(認定証:PADIに代表される民間ダイバー教育機関が発行)を取得します。

このCカードの取得で、ダイビングツアーへの参加や充てん済みのタンクが借りられ、世界の海で自分たちでダイビングができる。

さらに海でのさまざまな経験を深められるステップアップコースの「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー」では、より深いダイブや、夜のダイブ、水中写真、ボートダイブ、水中コンパスを使用してのナビゲーションなどをマスターする。

万一トラブルに遭遇しても、素早く的確な判断で次の行動をとれるスキルなどをマスターする「レスキュー・ダイバー」、プロとしてのスキルと知識を習得する「ダイブマスター」「インストラクター」などがある。

〜オープン・ウォーター・ダイバー〜

ダイブセンター(サービス店舗)を選択し、プールまたは海からスタートするか、マニュアルとビデオを事前に入手し自習をしてからミーティング(知識のチェックと不明な点に関するレクチャー)するかを相談する。

〜レクチャー〜

約6時間(自習度合いによる)。

ダイビングテクニックの紹介、器材紹介、水中環境、安全ダイビングのルールなど。

〜プール〜

5セクション(約12時間)。

器材セッティング、呼吸法の習得、緊急時の対応、浮力調整テクニックの習得します。

〜海洋実習〜

最大深度18mまでの安定した浅場の水域で合計4ダイブを実施。

一般的なパターンとしては、プールでのスキルを実際に海洋で適応できるかチェックし、また楽しみの水中ツアーも実施。修了後、インストラクターにCカード申請書式に記入してもらう。

試験日

ダイブショップ、実習方法(国内・海外)などにより異なる。

各自でお問合せください。

受験料

ダイブショップ、実習方法(国内・海外)などにより異なる。

参照:(株)パディ(PADI)ジャパン

スクーバダイビングについてのコメント

スクーバダイビングについて詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

スクーバダイビングに興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

スクーバダイビングおすすめのスクール

スクーバダイビングに合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

スクーバダイビングおすすめのスクール!
ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

ケイコとマナブ

約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
無料の資料請求や体験レッスンはこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る