ライフセーバーの解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

ライフセーバーについて

ライフセーバーとは、主に、海で監視などをし事故を事前に防ぎ又は、事故が起きてしまった場合に、その人を助けるのが業務です。

現代においては、どこにでも事故が発生する危険はありますが、特に海においては自然が相手だけに事故の起こる確率も高いです。

そんな危険がある海などにおいて、人の安全を守るのがライフセーバーで、非常にやりがいのある仕事であるということができます。

ライフセーバーは民間資格ですが、資格を持っていると、応急手当や救助法などの技術を有していることを証明することができますので、非常に頼もしい資格です。

当然、海で人を助けたりすることもあるので、最低限の体力は必要となってきます。

スポーツに興味のある方、スポーツが好きな方におすすめの資格です。

なお、ライフセーバーの中にも、エレメンタリー・ライフセーバー、ベーシック・ライフセーバー、アドバンスライフセーバーがあります。

ライフセーバーの概要

【ライフセーバー概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

高校生などを除く18歳以上などのの制限があります。

試験内容

講習を受けた後に、試験に合格することが必要です。

実技試験と学科試験が実施されます。

試験科目

ライフセービング論、海に関する基礎知識、救助法などが出題されます。

試験日

受験する資格によって異なりますので各自お問合せください。

受験料

エレメンタリー・ライフセーバー:13,000円

ベーシック・ライフセーバー:23,000円

アドバンスライフセーバー::23,000円

参照:日本ライフセービング協会

ライフセーバーについてのコメント

ライフセーバーについて詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

ライフセーバーに興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る