JHFハンググライディング技能証の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

資格一覧へ戻る > 民間資格一覧 > スポーツ系資格一覧 > A〜Z行資格一覧 > JHFハンググライディング技能証

JHFハンググライディング技能証について

JHFハンググライディング技能証とは、名前のとおり、ハンググライディングの技能レベルを証明するための試験で、民間資格とされています。

エンジンを使わず、人間の足で離着陸するハンググライダーを航空スポーツとして楽しむようになったのは、1970年前後からと言われています。

以来、わが国でも各地で講習会が開かれ、安全かつ競技性の高い航空スポーツとして次第に定着してきており、現在ではたくさんの人が楽しんでいます。

このJHFハンググライディング技能証は、フライト技術のレベルを認定するものである。

JHFハンググライディング技能証の概要

【JHFハンググライディング技能証概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

各ランクで定められている教育課程を修了したあと、試験を受ける。

なお、JHFフライヤー会員登録が条件。

練習生A級:ハンググライダーA級の教育課程を修了すること。

練習生B級:ハンググライダーB級の教育課程を修了すること。

練習生C級:14歳以上で、ハンググライダーC級の教育・実技を修了すること。

パイロット:16歳以上で、ハンググライダーパイロットの教育課程を修了していること。

助教員:18歳以上で、ハンググライダーパイロット技能証を取得してから1年以上を経過し、かつ30日以上の教習経験を有すること。

教員:20歳以上で、ハンググライダー助教員の技能証を取得してから1年以上を経過し、かつ30日以上の教習経験を有すること。

試験内容

以下の内容で実施されています。

1、実技

2、学科(パイロット、助教員、教員のみ)

申込み期間

【申込方法】

A級からパイロットまでは、担当教員を通して申請します。

助教員、教員は、各都道府県連盟の推薦による。

試験日

A級からパイロットまでは、スクールによって異なる。

助教員、教員は、連盟の定める日時。

受験料

各スクールによって異なりますが、申請料は以下のようになっています。

〜申請料〜

練習生A級:1,000円

練習生B級:3,000円

練習生C級:5,000円

パイロット:5,000円

助教員:10,000円

教員:10,000円 (各税込)

参照:(社)日本ハンググライディング連盟

JHFハンググライディング技能証についてのコメント

JHFハンググライディング技能証について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

JHFハンググライディング技能証に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 民間資格一覧 > スポーツ系資格一覧 > A〜Z行資格一覧 > JHFハンググライディング技能証

ページの上に戻る