JAFカート・ドライバーの解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

JAFカート・ドライバーについて

JAFカート・ドライバーとは、F1ほど有名ではないですが、カートレースのドライバーなるための試験で、民間資格とされています。

F1レースの人気にともなって、カート人口も増加しています。カーとレースは、F1を目指す者にとっての登竜門ともなっているみたいです。

F1レーサーも、もとはカート出身者が多く、JAFカート・ドライバーの資格取得者は全国で約6,400人に達している。

カートで競技会に出場するには、(社)日本自動車連盟(JAF)発行のライセンスを取得しなければならず、カートドライバーを目指す者は必ず取得しなければなりません。

JAFカート・ドライバーの概要

【JAFカート・ドライバー概要】

受験資格

【受験資格】

以下のような受験制限があります。

カート・ドライバー・ライセンス講習会を修了しなければならない。

講習会で取得できるライセンスは、年齢により次の2種類に分かれる。

ジュニアB:10歳以上15歳未満の者

カート国内B:15歳以上の者

【受給資格】

上記ライセンスを取得後、競技会出場実績などにより、次のような各ライセンスの受給資格を得る。

〜カート国内A〜

カート国内Bを取得し、申請前24カ月以内にJAF公認の格式制限付の競技会に4回以上出場。

または、格式準国内以上の競技会に2回以上出場。

なお格式制限付と準国内以上を組み合わせる場合は計3回以上出場した実績のある者。

〜カート国際C〜

カート国内Aを取得し、申請前24カ月以内にJAF公認の格式準国内の競技会に5回以上出場。

または格式国内の競技会に3回以上出場。

なお格式準国内と国内を組み合わせる場合は計4回以上出場した実績のある者。

〜カート国際B〜

カート国際Cを取得し、申請前24カ月間に全日本選手権もしくは国際レースにおいて上位10位以内に少なくとも3回以上入賞した実績のある者。

〜カート国際A〜

単一イベントとして開催されたCIK−FIA選手権、トロフィー、またはカップの参加者中、上位33%にランクされていること、

もしくはシリーズ戦として開催されたCIK−FIA選手権、トロフィー、またはカップの最終ランキングで得点を得ていること、もしくは国際Bライセンス取得後、国際イベントで、上位5位以内に3回入賞していること。

試験内容

〜講義〜

カート競技の概要と事故防止について

〜実技〜

1、カート方法

2、競技用信号の実習

申込み期間

【申込方法】

JAFの本部、地方本部および支部に問い合わせる。

受験料

20,300円以下(税込、教材、車両の貸与料込)

参照:(社)日本自動車連盟モータースポーツ局

JAFカート・ドライバーについてのコメント

JAFカート・ドライバーについて詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

JAFカート・ドライバーに興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る