東京都公害防止管理者の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

東京都公害防止管理者について

東京都公害防止管理者とは、公害の防止などに関する知識などを有するかどうかを試すための資格試験で、公的資格とされています。

公害発生のおそれがあると東京都が指定した工場に、必ず選任・配置されるのが東京都公害防止管理者である。

東京都公害防止管理者の資格は一種と二種に分かれ、講習プラス修了テストに合格すれば取得することができます。

なお、講習には一定の資格や免許を所持している者が受講の対象となっています。

東京都公害防止管理者の概要

受験資格

以下のような資格および免許などをもつ者に制限されています。

〜二種〜

1、1・2・3種電気主任技術者
2、1・2種ボイラー・タービン主任技術者
3、甲・乙種ガス主任者
4、技術士
5、医師・薬剤師
6、1・2・特級ボイラー技士
7、甲・乙・丙種火薬類製造保安責任者、甲・乙種火薬類取扱保安責任者
8、毒物劇物取扱責任者
9、甲・乙種危険物取扱者
10、熱管理士 ほか
11、東京都知事が1〜10と同等であると認める資格等を有する者、または工場等において公害防止もしくは環境管理の業務に従事し、もしくは従事することを予定する者。

〜一種〜

1、1・2・3種電気主任技術者
2、1・2種ボイラー・タービン主任技術者
3、甲・乙種ガス主任者
4、技術士
5、医師・薬剤師
6、特級ボイラー技士
7、甲種火薬類製造保安責任者、甲種火薬類取扱保安責任者
8、毒物劇物取扱責任者
9、甲種危険物取扱者
10、熱管理士
11、東京都知事が1〜10と同等であると認める資格等を有する者、または工場等において公害防止もしくは環境管理の業務に従事し、もしくは従事することを予定する者。

試験内容

1、一般科目(企業における環境管理のあり方および公害防止管理者の職務、東京都の環境の現況と対策、環境保全に関する法令の概要 ほか)

2、専門科目(大気汚染、水質汚濁、有害化学物質、騒音振動の各対策)

3、修了テスト

※【二種】は2日間、【一種】は3日間の講習で、科目は共通

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

6月下旬頃

試験日

例年以下の期日に実施されています。

7月〜8月頃

受験料

二種:5,700円

一種:8,200円

参照:東京都庁

東京都公害防止管理者についてのコメント

東京都公害防止管理者について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

東京都公害防止管理者に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る