一般計量士の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

一般計量士について

一般計量士とは、計量器機などに関する知識などを有するかどうかを試すための資格試験であり国家資格とされています。

化学技術や産業技術の急速な進歩に伴い、計量機器の検査や管理に携わる計量士の重要性は日に日に増しています。

一般計量士は、濃度や音圧レベル、振動加速度レベル以外の物象の状態の量に係る計量と、計量管理に必要とされる知識や技能を有している必要があります。

IT技術の進歩は目覚ましくロボットなどの活用も進んでおりセンサーなどに関する専門家の需要は今後も増えていくことが予想されます。

数学や物理が得意な人などは、挑戦してみるとおもしろい国家資格だと思います。

一般計量士の概要

【一般計量士概要】

受験資格

受験制限は特にありません。

誰でも受験することができます。

試験内容

〜筆記試験〜 五肢択一式、1科目につき25問

1、計量に関する基礎知識
a.物理
b.数学

2、計量器概論および質量の計量

a.計量一般に関する知識
b.計量器に係る基礎原理、取扱い、保守管理、その他計量一般に関する知識

3、計量関係法規

a.計量法の体系全般にわたる知識

4、計量管理概論

a.計量管理および計量器の管理に関する基礎知識
b.計量管理の計画・実施に関する知識
c.計量管理にかかわる各種手法に関する知識

試験科目の一部免除:一般計量士試験に合格している者が、環境計量士(濃度関係)、環境計量士(騒音・振動関係)を受験する場合には、上記科目の計量関係法規と計量管理概論が免除される。

※計量士として、計量法上の計量管理などの職務を行う場合には、経済産業大臣の登録を受ける必要がある。その場合、計量に関する業務(特定計量器の定期検査・検定または軽量証明検査業務、基準器検査業務、軽量に関する取締り業務など)に1年以上従事していなけいればならない。

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

10月中旬〜下旬

試験日

例年以下の期日に実施されています。

3月上旬の日曜日(9月上旬の官報に公示される)

受験料

8,500円

問合せ先

各地の経済産業局担当課

参照:経済産業省産業技術環境局知的基盤課計量行政室

一般計量士についてのコメント

一般計量士について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

一般計量士に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る