発達障害の子どもに関わる全ての人におすすめの資格

児童発達支援士について

著者文字実のプロフィール写真この記事は、文字実が執筆しました。

児童発達支援士は、一般社団法人人間力認定協会が実施・運営している資格で、民間資格の1つです。

脳科学・心理学に裏打ちされたメソッドを活用して、発達障害の子どもと親の悩みを解決することを目的にしています。

脳科学者が効果を認めた「習慣化の60秒ルール」などのメソッドを使って、子供の自己肯定感をアップさせ、気持ちをポジティブに切り替えていきます。

児童発達支援士の資格を取得して学んだことは、単なる知識としてではなく、即実践できる内容になっています。

ケーススタディがたくさん用意されており、学んだその日に実践できるようになっており、すぐに効果を実感することができるようになっています。

児童発達支援士の資格取得で学ぶことは、脳科学や心理学に基づいた専門的な知識なのですが、極力難しい専門用語を使わないようにして、誰もが簡単に理解することができるようになっています。

発達障害の二次障害の多くは人間関係などのコミュニケーションを通じて発生します。

コミュニケーション能力を伸ばすことで、2次障害を未然に防ぐことができます。コミュニケーション能力は訓練によって伸ばすことが出来るものです。

引きこもり、不登校、うつ病は、自己肯定感の低下による発達障害の2次障害と考えられています。

これらを未然に防ぐことで、発達障害の影響をできる限り少なくし、子供を大きく成長させることができます。

児童発達支援士の資格を取得するために、通学や提出物は一切ありません。

小さな子供がいる場合でも、受講しやすいようになっております。

発達障害の子供を持つ人はもちろん、そうではない子育てに関わる人全員におすすめの資格です。

発達障害で悩んでいる人は、発達障害のことを深く理解することで、やりにくい子育てを改善することが可能ですので、資格の取得をを検討されてはどうでしょうか?

児童発達支援士の概要

受験資格

受験資格は特にありません。

誰でも受験することができます。

試験内容

オンラインによる試験で実施されています。

全50問出題。

二択問題と四択問題が出題されます。

試験科目

習慣化の60秒ルール、しつけを成功に導くアプローチ法など、発達障害に関する知識が出題されます。

合格基準

正解率70%以上で合格となります。

申込み期間

随時申し込みの受付が行われています。

試験日

随時実施されています。

試験地

自宅でオンラインで受験することができます。

受験料

通常料金は102,000円ですが、半額以上の大幅割引をされていることも多いため、料金については下記の公式WEBサイトをご参照ください。

児童発達支援士の合格率は約85%となっています。万が一不合格となった場合、受験料3,700円(税別)で再受験が可能です。

問合せ先

一般社団法人 人間力認定協会
〒420-0839
静岡県静岡市葵区鷹匠3-12-8
Mail:info@ninkyou.jp
受付時間:10:00〜18:00

参照:一般社団法人 人間力認定協会

児童発達支援士についてのコメント

児童発達支援士について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

児童発達支援士に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

人手不足のWEB業界に経験無しからチャレンジ

WEB業界へ転職して年収を上げる

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

人手不足でまだまだ需要のあるWEB業界に経験無しでもチャレンジできます。

ページの上に戻る