消費生活アドバイザーの解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

消費生活アドバイザーについて

消費生活アドバイザー試験とは、消費者のアドバイザーとして、さまざまな問題を処理する能力を有するかどうかを試す資格試験で、公的資格とされています。

消費生活アドバイザーは、消費者と企業とのパイプ役として、いまや企業になくてはならない存在となっており非常に重要な役割を果たしています。

消費者相談の窓口だけでなく、消費者向けの資料の作成や苦情処理を行い、そのうえで製品開発への助
言をすることなどもあります。。

ヒーブとして企業内で活躍する人も多く、経済産業大臣認定事業資格として価値のある資格となっています。

消費生活アドバイザーの概要

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

(ただし、協会が実施する1次試験および2次試験の受験が可能な者であることが必要です。)

試験内容

消費生活アドバイザーとして必要な見識をもち、消費者関連知識を駆使して、適切な消費者相談等に応ずる能力があるか否かを問う。

〜1次〜 筆記(択一式)

1、消費者問題
2、消費者のための行政・法律知識・・行政知識、法律知識
3、消費者のための経済知識・・経済一般知識、企業経営一般知識・・生活経済、経済統計と調査方法の知識、地球環境問題・エネルギー需給
4、生活基礎知識・・医療と健康、社会保険と福祉、余暇生活、衣服と生活、食生活と健康、住生活と快適空間、商品・サービスの品質と安全性、広告と表示、暮らしと情報

〜2次〜

1、論文
2、面接(1次合格者のみに実施)

実務研修:2次合格者のうち、実務経験のない者に実施されます。

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

8月上旬〜下旬(願書の提出は郵送に限る。締切日必着のこと)

※願書は7月上旬から交付されます。

試験日

例年以下の日程で実施されています。

1次:10月上旬

2次:11月下旬

実務研修:翌年2月下旬〜3月上旬の3〜4日間

受験料

12,600円(税込)

参照:(財)日本産業協会

消費生活アドバイザーについてのコメント

消費生活アドバイザーについて詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

消費生活アドバイザーに興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る