消費生活コンサルタントの解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

消費生活コンサルタントについて

消費生活コンサルタント試験とは、消費生活に関するさまざまな能力を有するかどうかを試す資格試験で、民間資格とされております。

昔に比べると格段に生活環境がよくなった日本では、衣食住から生活設計まで、消費生活は多様化・複雑化してきています。

消費生活コンサルタントは、これらの諸問題を経済・法律・行政とのかかわりのなかで探りながら、消費者情報の収集と選択、情報提供の手法・コミュニケーションなど実用的な専門的知識を身につける養成講座修了者に与えられる資格です。

〜消費生活コンサルタントの主な活動内容〜

  1. 全国各地の消費生活センターなどの相談員や講演会講師
  2. 地方公共団体の消費者行政担当官
  3. 百貨店・スーパー・業界団体・企業の消費者相談や商品・サービスのチェック
  4. 大学・短大・専修学校等の講師
  5. 消費者教育・啓発のための講演・執筆活動や評論活動
  6. 国や地方公共団体の各種委員会・審議会の消費者代表
  7. 商品の企画・研究、取扱証明書のチェックおよびモニター
  8. 国・地方公共団体・企業の発行する各種啓発資料の作成に参画
  9. 消費者団体・グループのリーダー

消費生活コンサルタントの概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

消費生活の改善に関し、現に活動を行っているか、または今後活動をめざす一般消費者(大学の専門課程程度の講義を理解できる人)

試験科目

1、消費者問題を知るための講義:消費者運動の歴史・消費者団体の概要、消費者政策の歴史・役割と消費者の権利 ほか

2、社会・経済の現状を知るための講義:コンプライアンス経営と消費者 ほか

3、商品・サービスと消費者問題:食生活の考え方、薬と消費者問題 ほか

4、消費者問題への対応:民法と消費者、安全性に関する法律・条例 ほか

5、実務・実習:話し方/聞き方/カウンセリングの手法 ほか

申込み期間

例年、6月中旬まで。

試験日

例年以下の期間に講習が実施されています。

9月中旬〜11月上旬(土曜・日曜・祝日を除く)

受験料

84,000円(税込)

ただし、懇親会(1日)、合宿費用の宿泊費・交通費は実費負担です。

参照:(財)日本消費者協会

消費生活コンサルタントについてのコメント

消費生活コンサルタントについて詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

消費生活コンサルタントに興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る