商品装飾展示技能士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

商品装飾展示技能士試験について

商品装飾展示技能士試験とは、商品をディスプレイして、商品の魅力を消費者に伝えるスペシャリストになるための資格試験で、国家資格とされております。

現在では、多数の売り手が存在し、過当競争が生じている小売業界にあって、広告費があまりかけられないのが現状なので商品を売るための最も手軽な広告手段はディスプレイです。

商品装飾展示技能士は、商品の展示一般に関する、厚生労働大臣が行う技能検定に合格した人に与えられる称号で、消費者の心理をとらえ、商品の特徴をアピールするのが使命である。

広告は、消費者に対して商品の魅力を直接アピールするための有効な手段ですので、広告の出来によって売り下が大きく左右されます。やりがいのある仕事だと思います。

商品装飾展示技能士試験の概要

【商品装飾展示技能士試験概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

受検職種の実務経験が必要だが、学歴や職業訓練歴等で期間が異なる。

〜3級〜

1、実務経験のみの場合0.5年以上
2、職種と同じ学科を卒業した者、または在学中の者0年など。

〜2級〜

1、実務経験のみの場合2年以上
2、職種と同じ学科を卒業の場合、高校卒業者0年、大学卒業者0年、短大、高専卒業者0年、専修・各種学校(厚生労働大臣指定校)卒業者で800H以上修了者は0年、同3,200H以上修了者は0年など。

〜1級〜

(2級合格者の場合)
1、実務経験のみの場合2年以上
2、職業訓練修了者の場合2年以上。

(1級直接受検の場合)
1、実務経験のみの場合7年以上
2、職種と同じ学科を卒業の場合、高校卒業者6年以上、大学卒業者4年以上、短大、高専卒業者5年以上、専修・各種学校(厚生労働大臣指定校)卒業者で、800H以上修了者は6年以上、同3,200H以上修了者は4年以上など。

試験内容

〜学科〜

商品装飾展示一般、商品装飾展示法、材料、安全衛生

〜実技〜

次の作業試験が行われる。

3級:ビジュアルプレゼンテーション

2級:ビジュアルプレゼンテーション

1級:イメージスケッチおよび平面図の作成、ビジュアルプレゼンテーション

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

4月上旬〜中旬

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

〜3級〜

学科:8月上旬

実技:8月下旬

〜2・1級〜

学科:9月下旬

実技:8月下旬

受験料

学科:3,100円

実技:15,700円 (各税込)

問合せ先

各地の職業能力開発協会

参照:東京都職業能力開発協会

商品装飾展示技能士試験についてのコメント

商品装飾展示技能士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

商品装飾展示技能士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る