葬祭ディレクター試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

葬祭ディレクター試験について

葬祭ディレクター試験とは、葬祭関連業務のスペシャリストになるための資格試験で、公的資格とされており、高齢化が進行しているわが国においては、今後ますます伸びることが予想される資格です。

急速に高齢化が進み、死亡件数も増え続けることが予想されるわが国では、葬祭関連業務についている人の社会的責任は、一層重くなってきています。

葬祭ディレクター、私たちの人生の門出に関わる仕事で、非常に重要な責任がありますので、専門的な知識などが要求されます。

葬祭ディレクター試験は、葬祭業界で働く人に必要とされる知識と技能レベルを審査し、証明する厚生労働省認定の公的資格です。

葬祭ディレクター試験の概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

2級:葬祭実務経験2年以上の者。

1級:葬祭実務経験5年以上の者、または2級合格後に2年以上の実務経験を有する者。

試験内容

審査の対象となる技能の範囲は以下のとおり。

〜2級〜

個人葬における受注から会場設営、式典設営に至るまでの一般的知識と技能など。

〜1級〜

すべての葬儀における受注から会場設営、式典設営に至るまでの詳細な知識と技能など。

※試験は以下のとおりに実施されています。学科はマークシート方式で実施されます。

〜2級〜

学科:正誤判定問題25問、多肢選択問題25問(30分)

実技:制限時間の延長はない

1、幕張装飾(7分)
2、司会(4分)
3、説明実演(2問、各問2分)

〜1級〜

学科:正誤判定問題50問、多肢選択問題50問(50分)

実技:制限時間の延長はない

1、幕張装飾(7分)
2、司会(6分)
3、説明実演(4問、各問2分)

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

4月中旬〜5月中旬。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

9月上旬(2004年度の場合)。

受験料

〜2級〜

学科:8,000円
実技:30,000円

〜1級〜

学科:8,000円
実技:45,000円(各税込)

参照:葬祭ディレクター技能審査協会

葬祭ディレクター試験についてのコメント

葬祭ディレクター試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

葬祭ディレクター試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る