POP広告クリエイター試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

POP広告クリエイターについて

次回の試験日は《2019年8月3日 (確定)》です。残り-18日です。

POP広告クリエイター試験とは、瞬時に消費者の興味をひきつけるようなPOP広告を企画・製作するためのスペシャリストになるための資格試験で、公的資格とされております。

POP広告というのは、小売店におけるおすすめ商品の告知、店頭のポスターやチラシ、公共機関の告知など、街に出ればのいたるところで目にする広告です。

そのPOP広告には、販売促進ツールやコミュニケーションツールとしての役割があり、POPクリエイターには技術だけでなく、消費者の心理や時代をつかみとる鋭い洞察力、感性が要求されます。

POP広告は、消費者の視線を引きつけて購買に結びつける最初のきっかけとなる重要なツールであり、販売の最前線で活用される広告なので、その出来栄えによって売上が大きく左右されると言っても過言ではありません。

小売業、販売業、サービス業などの仕事をしている人で売上アップのために必要なスキルを少しでも多く身につけたいという人におすすめの資格です。

ビジネスで成功するためには、まず売上を上げる技術が必要です。その1つのスキルとして身につけておいて絶対に損はないものです。

POP広告クリエイターの概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

実務経験は1年以上程度あることが望ましいが、専門学校等で学習していれば受験可能です。

試験内容

店舗、サービス機関等における販売促進知識および、販売促進ツール、コミュニケーションツールとしてのPOP広告作成に必要な知識。

【学科】

正誤法(○×形式)、50問、30分

1、販売促進一般とPOP広告
2、POP広告の種類と役割(取付場所による分類)
3、POP広告作成の知識一般
4、用具、用紙(種類、用途および使用方法)
5、POP広告の展示方法

【実技】

手書きによるPOP広告作成、160分

POP広告構成能力(商品・事項を的確に表現できる)

POP広告作成技術

1、レタリング(明朝・角ゴシック・丸ゴシック・装飾文字等の手書きで、レタリングを工夫でき、コピー内容にそって「らしさ」「性格」を表現できる)
2、レイアウト(見やすい工夫、余白バランスをとることができる)
3、コピー(主旨を的確に表現でき、独創性がある)
4、配色(少ない色数で効果を出せる)
5、訴求力(ひと目で内容が理解できるように作成できる)

※合格ラインは、学科、実技それぞれ100点満点で各60点以上

合格基準

学科試験、実技試験の両方が100点満点中の60点以上で合格となります。

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

8月試験:5月下旬〜6月下旬

2月試験:12月上旬〜1月上旬

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

8月上旬と2月中旬の年2回。

試験地

全国の主要都市で実施されています。

受験料

5,400円(税込)

ほかに郵送切手代として164円が必要です。

参照:(社)公開経営指導協会

POP広告クリエイターについてのコメント

POP広告クリエイターについて詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

POP広告クリエイターに興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

POP広告クリエイターおすすめのスクール

POP広告クリエイターに合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

POP広告クリエイター試験おすすめのスクール!

ユーキャン資料請求

ユーキャン

テレビのCMや雑誌でよく見ると思いますが、資格取得のための通信講座を他のスクールより安く提供しています。

たくさんの趣味・生涯学習講座、資格・検定などの通信講座が用意されており自宅でマイペースで学習する事ができます。

資料請求はこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る