リビングスタイリスト試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

リビングスタイリストについて

リビングスタイリストとは、住生活商品を扱う「リテールセールス」(接客販売)のプロになるための民間資格です。

リビングスタイリスト資格試験(1・2級)に合格すると家具専門店、住宅メーカーなどの住生活に関する商品を扱う業界での就職やキャリアアップが有利になることでしょう。

接客とは、相手の気持ちを理解することが大切であり、店頭で商品の魅力を説明するだけではなく、お客様のライフスタイルを把握し、最も適切な提案を行う能力が要求されます。

そのためには、商品やサービスに関する幅広く深い専門知識やコミュニケーション能力など様々な専門的能力が要求されます。

住生活商品を扱う方、流通の現場で働く方だけではなく、コミュニケーション能力・ビジネスマナーを身に付けたい学生の方など対象者を幅広く設定している資格です。

〜リビングスタイリストが活躍できる業界の例〜

リビングスタイリストに合格した後、活躍できる業界の例

リビングスタイリストの概要

受験資格

〜2級〜

受験制限は特にありません。誰でも受験できます。

〜1級〜

2級に合格した者

試験内容

1級試験と2級試験があります。

2級試験は会場試験ですが、1級試験は論文作成型の在宅試験となっています。

〜2級試験〜

筆記試験90分 「販売知識」と「商品知識」の2科目について筆記試験が実施されます。

2級は、接客・販売・住生活商品についての基礎的な知識が要求されます。

〜1級試験〜

在宅試験(論文作成)

試験問題送付前に事前課題が発表されます。事前課題を参考に、事前学習を行います。

事前課題(平成23年度実績)

第1問 接客販売に対するリビングスタイリストとしての視点。

第2問 競合店調査、小売店調査 競合分析の重要性の確認

第3問 位置情報や拡張現実(AR)技術など、 先端のテクノロジーを接客や販促活動、マーケティングに活用する企業事例 販促情報の収集

第4問 クレーム対応と顧客心理 心通うサービス

第5問 商品知識とヒット商品ランキング ヒット商品番付の見方読み方

合格基準

平成23年度の合格実績は以下の通りです。

2級試験:69.5%

1級試験:70.7%

申込み期間

試験実施の3か月前くらから受付されます。

試験日

2級試験:7月・11月の年2回実施されます。

1級試験:2月

試験地

2級試験:山形、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、熊本などで実施されています。

1級試験:在宅受験

受験料

2級試験:6,300円

1級試験:9,700円

問合せ先

一般社団法人日本ライフスタイル協会
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-16-6
TEL:03-5332-5125
Mail:info@lifestyle.or.jp

参照:一般社団法人日本ライフスタイル協会

リビングスタイリストについてのコメント

リビングスタイリストについて詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

リビングスタイリストに興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る