インテリア設計士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

インテリア設計士試験について

インテリア設計士は、経済産業大臣の許可を得た「社団法人日本室内装備設計技術協会=日本インテリア設計士協会」が認定する民間資格です。

インテリア設計士は、インテリア空間に関しての高度な知識と技術を有し、消費者のニーズに受け、それを実現するための室内装飾やインテリアの計画・設計などを行う者です。

ライフスタイルの多様化により、顧客の希望・意見は、多くの情報を得て複雑化しています。それらの要望をできる限り形にし、顧客に信頼と満足感を与えることが使命です。

居住空間は、人間の幸福感に直結するため、インテリア設計士の果たす役割はとても大きいものとなります。

インテリアが好きな全ての人におすすめの資格です。

【関連資格】

インテリア設計士試験の概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

〜1級〜

1、この種大学を卒業し、1年以上の実務経験のある者。

2、この種短期大学を卒業後、2年以上の実務経験のある者。

3、高等学校を卒業し2年以上の専門教育を修了後、2年以上の実務経ある者。

4、この種高等学校を卒業後、3年以上の実務経験のある者。

5、2級インテリア設計士資格取得後、2年以上の実務経験のある者。

6、一級建築士(*1)、インテリアプランナー(*2)、二級建築士、あるいは木造建築士の資 格を有する者。

7、インテリアコーディネーターの資格取得後、2年以上の実務経験のある者。

8、1から7に該当しない者で、5年以上の実務経験があり、これらと同等の資格があると認められる者。

9、1級インテリア設計士資格検定試験の実技または学科試験を、過去3年以内に合格 している者。

〜2級〜

1、この種大学、短期大学、高等学校、専門・各種学校、あるいは専門教育を卒業または修了し者、および在学中の者。

2、一級建築士(*1)、二級建築士(*1)、木造建築士(*1)、インテリアプランナー(*2)、イン テリアコー ディネーターの資格を有する者。

3、1および2に該当しない者で、2年以上の実務経験があり、これらと同等の資格があると認められる者。

4、2級インテリア設計士資格検定試験の実技または学科試を、過去3年以内に合 格している者。

試験内容

各級ともに学科試験と実技試験で実施されます。

試験科目

〜1級〜

インテリア全般、企画計画、設計製図など。

〜2級〜

計画、技術、法規法令、企画計画、表現技術など。

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

5月末くらいから6月まで。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

7月の第2土・日の2日間。

受験料

各級ともに15,000円。

問合せ先

社団法人日本室内装備設計技術協会(通称・日本インテリア設計士協会)

〒541-0059 大阪市中央区博労町1-6-14
TEL.06-6262-1488
FAX.06-6262-1553

参照:日本インテリア設計士協会

インテリア設計士試験についてのコメント

インテリア設計士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

インテリア設計士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る